桜を見る会問題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

桜を見る会問題(さくらをみるかいもんだい)は、総理大臣主催の桜を見る会をめぐる一連の問題。2019年5月に表面化した。この項目では、第二次安倍政権および鳩山政権において問題視されている公職選挙法違反等の指摘、与野党の動静等について扱う。

背景[編集]

2019年4月13日に開催された桜を見る会について、当初の予算の三倍となる約5200万円に上っていたことが衆院決算行政監視委員会(同年5月13日)で明らかとなり、問題視された。
第二次安倍政権における2019年以前の5年間、支出は毎回設定されている予算額を超過。金額・参加者共に毎年増え続け、2019年度の参加者は約1万8000人となった。なお、予算額は毎年1766万6000円となっている(実際の支出額ではない)。[1]

予算の推移
(単位:万円)

3005
3841
4639
4725
5229
5518
2014
2015
2016
2017
2018
2019
凡例
予算額
予算超過額

内閣府担当者は「準備、設営に最低限必要」「テロ対策強化や参加者数に応じた飲食提供など」と説明。宮本徹議員は参加者の増加が主な原因であると指摘した。

5月22日、内閣府井野官房長は招待者の内訳については「開催が終わったので破棄した」と述べ、具体的な言及を拒んだ。[2]

一方、保守系の文化人ら(百田尚樹有本香ケント・ギルバート等)や自民党関係者や後援会の参加が多数確認されたことから、以前から安倍首相らに私物化されていたのではないかとの批判が広がっている。[3]

問題点の概要[編集]

桜を見る会に関しては複数の問題点が指摘されている[4]。以下に概要を示す。

1. 支援者の招待
「各界で功労・功績のあった方々を慰労する」という趣旨の会に政治家が支援者を招待していたという疑惑がある。安倍総理安倍昭恵夫人、自民党関係者、自民党議員(2019年7月参院選での改選議員)などが招待枠を持っていたとされる。野党の追及本部は支援者の買収による公職選挙法違反の疑いがあるとしている[5][6][7]2018年は自民党総裁選があり例年は幹事長等のみだが自民党所属の京都府議会議員と滋賀県議会議員全員に招待状が来ていて「総裁選で安倍さんに投票してほしいと受けとった。同僚議員も皆そう話していた」「いきなり招待状が届いて驚いた。総裁選で支持者のとりまとめを期待する意図が透けて見えた」。2019年は例年通りだった[8]

2. 参加者・支出額の増加
招待客の数・支出額ともに第二次安倍政権下では年々増加。2019年度に至っては予算の三倍にも費用が膨らんだことから、私物化したのではないかと野党が指摘している。 また、反社会的勢力 (反社) が来場していた可能性が指摘され、セキュリティについても問題視されている[7][9][10]

3. 招待名簿データの廃棄
招待客名簿データについて、野党議員が質問をすると通知した約一時間後にシュレッダーにかけられていることから、意図的に廃棄したのではないかという指摘もなされている。野党議員や識者から行政文書・公文書の管理が都合良く行われていると問題視する声が上がっている[11][12][13]。個人情報を持っていると危ないという体制なら、個人情報を扱うに値しないようなレベルの管理しかできない政府と言っているに等しい[14]

4. 安倍首相等、関係者の発言
安倍晋三首相、菅義偉官房長官、内閣府の担当者等の答弁や発言が度々食い違っており、虚偽答弁や隠蔽をしているとの批判がある[15][16]

主な問題点[編集]

私物化[編集]

税金を使った支援者への接待[編集]

  • 桜を見る会には安倍後援会関係者が850人招待されており[17]、後援会関係者による前夜祭の明細書をホテル側が公開しない点が野党側の反発を招いた[18]。一部では公職選挙法違反を指摘する声もある[19]

安倍昭恵夫人の関与[編集]

  • 招待者の総理枠の中には昭恵枠があったとの指摘が一部であがっていて、共産党は7年で143名だったとの推計を行った[20]
  • 桜を見る会で出される食事について、総理夫人である昭恵と親しい人物の会社が7年続けて受注していた[21]

答弁内容の虚偽など[編集]

安倍晋三内閣総理大臣[編集]

  • 招待者名簿をシュレッダーで廃棄した問題で、安倍が障害者職員の勤務シフトの問題だと国会で発言し、反発を招いた[22]

菅義偉官房長官[編集]

  • 政権の屋台骨で鉄の壁ともいわれる菅であるが、安倍首相サイドの招待への関与を否定する長官の答弁を、大西内閣審議官が 「安倍事務所におきまして幅広く参加者を募るプロセスの中で夫人からの推薦もあったとのことでございます。」と否定するといったちぐはぐさも目立つようになった。シュレッダー処理で破棄されたとされる招待者名簿が、電子データとして残っているのではないかという指摘に「削除したデータについては復元をすることはできないと聞いています」と答弁したが、現在の技術からいって疑問だとの声も現役官僚からあがった[23]

反社会的勢力の参加[編集]

  • 12月10日、反社会的勢力の定義について「その形態が多様でありまたその時々の社会情勢に応じて変化し得るものであることからあらかじめ限定的かつ統一的に定義することは困難であると考えている」などと閣議決定した[24]

ジャパンライフとの関連[編集]

  • ジャパンライフは業態的には経済産業省の所管であるため、元特許庁長官などの天下り先として知られている[25][26]。また監視する立場の消費者庁からの天下りも問題視されている[27]
  • 首相の安倍晋三は、ジャパンライフの会長と個人的関係はないとの答弁を行っている[28]。一方、いわゆる総理枠とされる招待者に対して付されていたという指摘が一部であがっている「60」という番号(国立公文書館に保管されていた平成17年度のリストで「60」は「内閣総理大臣(当時は小泉純一郎)招待枠」であることが確認された)[29]が会長に付されていたかどうかが、国会の議論の焦点の一つとなった[30]

脚注[編集]

  1. ^ “東京新聞:「桜を見る会」に5200万円、予算の3倍 安倍政権、5年で参加者4500人増:政治(TOKYO Web)”. 東京新聞. (2019年5月14日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201905/CK2019051402000133.html 
  2. ^ “安倍首相主催「桜を見る会」招待者 数千人超過/「資料は破棄」内閣府が答弁/宮本議員追及”. しんぶん赤旗. (2019年5月22日). https://www.jcp.or.jp/akahata/aik19/2019-05-22/2019052201_07_1.html 
  3. ^ “予算の3倍に膨張"桜を見る会"の政治利用 安倍首相を"忖度"する官僚の仕業か”. プレジデントオンライン. (72019-05-17). https://president.jp/articles/-/28703 
  4. ^ 【図解・政治】「桜を見る会」をめぐる問題(2019年12月):時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2020年1月2日閲覧。
  5. ^ “桜を見る会 首相推薦枠は1千人、自民は6千人 - 産経ニュース”. 産経新聞. (2019年11月20日). https://www.sankei.com/politics/news/191120/plt1911200010-n1.html 
  6. ^ “参院改選議員に招待枠 自民、桜を見る会で案内状:時事ドットコム”. 時事ドットコム. (2019年11月20日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019111900922&g=pol 
  7. ^ a b “桜を見る会「私物化」前夜祭は「公職選挙法違反疑惑」など 野党4党が追及点五つを整理 - 毎日新聞”. 毎日新聞. (2019年11月22日). https://mainichi.jp/articles/20191122/k00/00m/010/272000c 
  8. ^ “総裁選直前の「桜を見る会」京都府議と滋賀県議全員に招待状 例年は幹事長ら一部のみ”. 京都新聞. (2019年11月30日). https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/88953 
  9. ^ “桜を見る会に反社会勢力 菅長官「入ったのだろう」 - 産経ニュース”. 産経新聞. (2019年11月26日). https://www.sankei.com/politics/news/191126/plt1911260044-n1.html 
  10. ^ “「桜を見る会」反社会的勢力も参加か 官房長官 改善図る考え”. NHKニュース (日本放送協会). (2019年11月21日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191121/k10012185901000.html 
  11. ^ “桜見る会名簿 請求日に廃棄で公明苦言「そろいすぎ」 - 産経ニュース”. 産経ニュース. (2019年11月26日). https://www.sankei.com/politics/news/191126/plt1911260041-n1.html 
  12. ^ “桜を見る会 内閣府「論理破綻」の内幕と説明 名簿廃棄後も復元試みず - 毎日新聞”. 毎日新聞. (2019年12月8日). https://mainichi.jp/articles/20191208/k00/00m/010/015000c 
  13. ^ “データ8週間バックアップ「桜を見る会」の露骨な隠蔽工作|日刊ゲンダイDIGITAL”. 日刊ゲンダイ. (2019年12月4日). https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/265712/2 
  14. ^ 2019年12月24日中日新聞朝刊18面
  15. ^ “安倍首相の噴飯答弁「自分は推薦しただけ」「ミスで会場が」”. 女性自身. (2019年11月20日). https://jisin.jp/domestic/1800940/ 
  16. ^ “「桜を見る会」菅氏の鉄壁答弁崩れ、危機管理に綻び - 産経ニュース”. 女性自身. (2019年12月7日). https://www.sankei.com/politics/news/191207/plt1912070011-n1.html 
  17. ^ 「桜を見る会」に安倍首相の地元から850人 「税金で後援会活動している」と共産が批判東京新聞 2019年11月9日
  18. ^ 「桜を見る会」懇親会ホテル 明細書は7年間保管 再発行可能NHK 2019年12月10日
  19. ^ “桜を見る会” 郷原弁護士「安倍“王将”は詰みの状態」「それでも検察は動かない」AbemaTV 2019年11月29日
  20. ^ 桜を見る会 昭恵氏の「推薦」7年間で143人か 共産党が集計毎日新聞 2019年12月5日
  21. ^ 桜見る会飲食、安倍政権で単独契約に 7年続け昭恵夫人知人企業北海道新聞 2019年11月28日
  22. ^ れいわ 舩後氏「障害者雇用のため破棄に時間は不適切NHK 2019年12月4日
  23. ^ “鉄壁官房長官”に動揺?テレビ東京 2019年12月3日
  24. ^ 「反社」認定→取引停止→「定義示せ」どうすれば? 不安の声に菅長官「お困りであれば警察に」J-CASTニュース 2019年12月16日
  25. ^ 元特許庁長官 なぜマルチ?テレビ東京 2019年12月18日
  26. ^ 「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OB4人…官邸にも黒幕か日刊ゲンダイ 2019年12月10日
  27. ^ 独自 消費者庁から天下り…なぜ?テレビ東京 2019年12月18日
  28. ^ 安倍首相、逃げ切り答弁 ジャパンライフ元会長と「個人的関係一切ない」スポニチ 2019年12月3日
  29. ^ 桜を見る会「総理大臣」区分番号は「60」平成18年公文書公開日本放送協会 2019年12月24日
  30. ^ 桜を見る会「60番」追及 ジャパンライフ問題 野党、国会審議復帰毎日新聞 2019年11月30日

関連項目[編集]