越智通雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
越智通雄
おち みちお
生年月日 (1929-04-23) 1929年4月23日
出生地 日本の旗 日本 東京府
没年月日 (2021-01-30) 2021年1月30日(91歳没)
出身校 東京大学法学部法律学科[1]
前職 大蔵省官僚
国務大臣秘書官
所属政党 自由民主党
称号 正三位
勲一等旭日大綬章
法学士(東京大学)
子女 次男・越智隆雄
親族 義父・福田赳夫
義弟・福田康夫
甥・福田達夫

内閣 小渕内閣第2次改造内閣
在任期間 1999年10月5日 - 2000年2月25日

内閣 第2次海部改造内閣
在任期間 1990年12月29日 - 1991年11月5日

日本の旗 第41代 経済企画庁長官
内閣 宇野内閣
在任期間 1989年6月3日 - 1989年8月10日

選挙区旧東京3区→)
比例東京ブロック東京6区
当選回数 8回
在任期間 1972年12月11日 - 1983年11月27日
1986年7月8日 - 2000年6月2日
テンプレートを表示

越智 通雄(おち みちお、1929年4月23日 - 2021年1月30日) は、日本大蔵官僚政治家

衆議院議員(8期)、経済企画庁長官(第41・44代)、金融再生委員会委員長(第2代)を歴任。日韓親善協会中央会 [1] 会長。

来歴・人物[編集]

東京生まれ。東京高師附属中(現・筑波大附属中・高)卒業。同期生に大川慶次郎大島通義岡野行秀三浦公亮など。 旧制一高を経て、東京大学法学部法律学科を卒業後[1]大蔵省に入省。ニューヨーク副領事、福田赳夫大蔵大臣秘書官、主計局調査課長などを経て退官。

1972年第33回衆議院議員総選挙賀屋興宣の後継として旧東京3区より出馬し当選(当選同期に小泉純一郎加藤紘一山崎拓石原慎太郎三塚博村岡兼造保岡興治瓦力野田毅深谷隆司など)。自民党では福田→安倍→三塚→森派に所属した。

選挙ポスターは、名前を仮名で書くと回文になることを意識したものになっていた。選挙の際、上から読んでも、「おちみちお」、下から読んでも、「おちみちお」、中に「み」のあるおちみちおです、と選挙カーで連呼していた。中選挙区時代の選挙区は(世田谷区目黒区の)東京3区小坂徳三郎小杉隆栗本慎一郎などと争っていた。

1996年以降は小選挙区制の実施に伴い東京6区を地盤としたが、選挙区当選はなく1996年の第41回衆議院議員総選挙で比例復活したのみである。

2000年の秋の叙勲で勲一等旭日大綬章受章[2]

2021年1月30日13時5分、老衰のため死去[3][4]。91歳没。死没日をもって正三位に叙される[5]

発言[編集]

金融再生委員会委員長在任中の2000年2月19日栃木県金融機関関係者への講演で、「検査の仕方がきついとかあったら、どんどん直接おっしゃってください。最大限考慮しますから」と発言。「手心発言」として論議を呼び、委員長辞任につながった[6]。その後、2000年6月の総選挙で落選した。

履歴[編集]

家族・親族[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 『東大人名録,第1部』1992年発行、1頁
  2. ^ 「2000年秋の叙勲 勲三等以上と在外邦人、外国人、在日外国人の受章者一覧」『読売新聞』2000年11月3日朝刊
  3. ^ “越智通雄氏が死去 元金融再生委員長”. 日本経済新聞. (2021年2月1日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQODG0136V0R00C21A2000000 2021年2月2日閲覧。 
  4. ^ 元金融再生委員長の越智通雄氏死去 - 時事ドットコム 2021年2月1日
  5. ^ 『官報』第443号8頁 令和3年3月3日号
  6. ^ 辞任、更迭…志半ばで大臣の座を去った政治家たち
議会
先代:
松永光
日本の旗 衆議院予算委員長
1998年
次代:
中山正暉
先代:
池田行彦
日本の旗 衆議院大蔵委員長
1987年 - 1988年
次代:
中村正三郎
公職
先代:
柳沢伯夫
日本の旗 金融再生委員会委員長
第2代:1999年 - 2000年
次代:
谷垣禎一
先代:
相澤英之
愛野興一郎
日本の旗 経済企画庁長官
第44代:1990年 - 1991年
第41代:1989年
次代:
野田毅
高原須美子