三浦公亮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

三浦 公亮(みうら こうりょう、1930年2月23日 - )は、日本航空宇宙工学者。専門は宇宙構造物の設計。東京大学名誉教授。東京大学宇宙航空研究所助教授、文部省宇宙科学研究所教授を歴任。

チューハイ缶などに使われている「PCCPシェル」や、地図人工衛星のパネルの畳み方の「ミウラ折り」を考案したことで知られる。

略歴[編集]

同期生に大川慶次郎大島通義岡野行秀越智通雄など。

旧制第一高等学校を経て、東京大学に進学。

東京大学工学部船舶工学科卒業後、同大航空学専攻博士課程修了。 東京大学の航空研究所が再開されたのに伴い、同研究所の助手となる。

宇宙科学研究所(文部省→JAXA)にて、宇宙構造工学を研究。前述の破壊の研究において発見されていた「吉村パターン」を構造物に応用した「PLCCシェル」の提案や、実機のものとしては電波天文衛星「はるか」の大型アンテナなどの設計、また一般にも広く知られているものとしては、ミウラ折りの研究(小型宇宙プラットフォームSFU(宇宙実験衛星)の二次元展開アレイとして、実際に宇宙でも検証された)、などがある。

東京大学宇宙航空研究所助教授、文部省宇宙科学研究所教授を経て、東京大学名誉教授。

著書[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]