石井紘基刺殺事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石井紘基刺殺事件
場所 東京都世田谷区
標的 衆議院議員石井紘基
日付 2002年(平成14年)10月25日
武器 柳刃包丁
死亡者 石井紘基
犯人 伊藤白水

石井紘基刺殺事件(いしいこうきしさつじけん)もしくは石井紘基議員暗殺事件は、2002年10月に発生した、民主党所属の衆議院議員石井紘基が殺害された事件である。

概要[編集]

2002年10月25日、民主党の衆議院議員・石井紘基が、世田谷区の自宅駐車場において柳刃包丁で左胸を刺され死亡した。

翌10月26日、指定暴力団山口組右翼団体(“構成員即ち代表”の一人団体で、いわゆる「右翼標榜暴力団」)代表の伊藤白水が警察に出頭し逮捕される。伊藤は「家賃の工面を断られたため、仕返しでやった」と供述したが、石井が国会議員官僚の腐敗を徹底追及していたことから「暗殺された」との見方もある[1][2][3][4]。10月28日に予定されていた国会質問を前に、石井は「これで与党の連中がひっくり返る」と発言したという事実などが挙げられている[3]

2004年6月18日、東京地裁被告無期懲役判決が言い渡されたが、判決では被告が主張する「金銭トラブル」という動機を信用することができないとした[5]。2005年11月15日、最高裁で無期懲役の判決が確定した[6]

事件当日、石井の鞄には国会質問のために国会へ提出する書類が入っていたが、事件現場の鞄からは書類がなくなっており、いまだに発見されていない[7]

日本国憲法下において他殺された現職国会議員は、浅沼稲次郎山村新治郎に続いて石井が3人目(丹羽兵助を他殺に含めると4人目)である。

石井の選出選挙区であった東京都第6区では2003年4月27日に補欠選挙が行われ、参議院議員より転出した民主党公認の小宮山洋子が当選した。

なお、2003年2月に石井の遺族らが事件の真相を求めてウェブサイト(#外部リンク)を開設し、懸賞金を付けて情報提供を求めている[8]

脚注[編集]

  1. ^ 『実録!平成日本タブー大全』 宝島社〈宝島社文庫〉、2005年ISBN 4796653171 
  2. ^ 「追及者ゆえ恨まれる危険 石井紘基代議士刺殺」、『AERA』 (朝日新聞社) 第15巻第47号、2002年11月4日 
  3. ^ a b 「石井紘基代議士が追った闇 本誌記者に語っていた… 右翼「刺殺」」、『週刊朝日』 (朝日新聞社) 第107巻第52号、2002年11月8日 
  4. ^ 霍見芳浩 「霍見芳浩のニッポンを斬る」、『日刊ゲンダイ』 (日刊現代)、2002年10月31日 
  5. ^ “動機解明「困難」被告に無期判決 石井紘議員刺殺で東京地裁”. 朝日新聞. (2004年6月18日) 
  6. ^ “石井元議員刺殺、無期判決確定へ 被告の上告棄却”. 朝日新聞. (2005年11月17日) 
  7. ^ “「消えた書類」は整理回収機構の不正関連 石井紘基氏刺殺事件で金融専門家が証言 当日「国会質問の最終準備を予定」”. 日刊ベリタ. (2005年12月22日) 
  8. ^ “刺殺された石井議員の遺族らがHP開設 情報提供求める”. 朝日新聞. (2003年2月12日) 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]