江原素六

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
1913年頃の江原素六

江原 素六(えばら そろく、天保13年1月29日1842年3月10日) - 大正11年(1922年5月19日)は、旧幕臣、日本の政治家教育者、キリスト者。旧名 鋳三郎。大日本平和協会副会長(会長は大隈重信[1]

幕府御家人の嫡子として武蔵国角筈(現:東京都新宿区)に生まれる。房楊枝作りを手内職とする貧しい家庭に育ち、辛苦を舐めながらの生活であったが、剣術、洋学を学び、講武所の教授方として取り立てられる。鳥羽・伏見の戦いでは、人材不足の幕府側の指揮官として戦ったことが認められ、江戸城開城後も市川・船橋戦争などで新政府軍と戦うも負傷して九死に一生を得ながら戦線を離脱する。徳川家静岡移封後に偽名を名乗り沼津へ移り住んだ。その後恩赦により罪を許される。沼津移住後、旧幕臣の子女への教育のため、沼津兵学校、駿東女学校(現・静岡県立沼津西高等学校)設立に尽力するとともに、東京に麻布学園を創設。

沼津では、旧幕臣の授産事業として、愛鷹山官林の払い下げ運動や茶の輸出会社の設立などを行った。駿東郡長を務めたり、自由民権運動に参加し、自由党板垣退助となどと共に日本各地を遊説し第1回衆議院議員総選挙では静岡第7区(君沢郡田方郡、駿東郡など)から自由倶楽部公認で出馬し当選する。後年には立憲政友会の結成に尽力した。1912年4月2日に貴族院勅選議員となり[2]、没年まで政治家として活躍した。

また1877年1月15日にカナダ・メソジスト教会宣教師ジョージ・ミーチャムから洗礼を受けてキリスト教信者になった。それからは、沼津教会を設立したり、東京YMCAキリスト教青年会)第5代理事長なども務め、積極的に宗教活動を行った。

自ら設立し校長を務めた麻布中学校箱根への遠足の数日後、脳溢血で死亡した。享年80。

生涯[編集]

1842年3月10日(天保13年1月29日)  父源吾と母ろく子の長男として、東京府豊多摩群淀橋町角筈五十人町817番地で誕生[3]

1868年(明治元年)8月 静岡県沼津市に移る[4]

1868年(明治元年)11月 沼津兵学校設立[4]

1869年(明治2年) 兵学校付属沼津病院設立[4]

1872年(明治5年)2月 河村縫子(川村清雄の義姉)と結婚[4]

1872年(明治5年)5月 集成舎設立[4]

1872年(明治5年)11月 愛鷹山で牧畜事業を開始[4]

1873年(明治6年)6月 長男帯一、誕生[4]

1875年(明治8年) 静岡県師範学校校長となる[4]

1875年(明治8年)6月 長女なつ子、誕生[4]

1876年(明治9年)1月 静岡県師範学校校長辞任[4]

1876年(明治9年)12月 県会議員となる[4]

1877年(明治10年)1月15日 カナダ・メソジスト教会宣教師ジョージ・ミーチャムから洗礼を受けてキリスト教信者となる[4]

1877年(明治10年)3月 製茶輸出事業・積伸社を開始[4]

1878年(明治11年) 牧畜事業を廃止[4]

1879年(明治12年)3月 駿東郡長となる[4]

1879年(明治12年)4月 沼津中学校校長となる[4]

1879年(明治12年)6月 次女よし子、誕生[4]

1881年(明治14年)6月 駿東郡長を辞任[4]

1882年(明治15年) 吉原教会を創立[5]。積伸社を廃止[4]

1882年(明治15年)4月 二男次郎、誕生[4]

1884年(明治17年) 富士宮教会を創立[6]

1885年(明治18年)2月 三男三郎、誕生[4]

1888年(明治21年)2月 四男愛作、誕生[4]

1889年(明治22年)6月 東洋英和学校幹事となる[4]

1889年(明治22年) 中央会堂福音士となる[4]

1889年(明治22年) 東洋英和学校幹事を辞任[4]

1890年(明治23年)7月 衆議院議員当選[4]

1891年(明治24年)4月 三女しづ子、誕生[4]

1892年(明治25年)7月 衆議院議員当選[4]

1893年(明治26年)1月 父の源吾、死去。

1893年(明治26年)6月 東洋英和学校校長となる[4]

1893年(明治26年)9月 長女なつ子、福井菊三郎と結婚[4]

1894年(明治27年)3月 衆議院議員当選[4]

1894年(明治27年)9月 衆議院議員当選[4]

1895年(明治28年)7月 麻布中学校設立。校長となる[4]

1898年(明治31年)3月 衆議院議員当選[4]

1898年(明治31年)8月 議員を辞める[4]

1899年(明治32年)7月 麻布中学校、ミッションの手を離れる[4]

1900年(明治33年)8月 次女よし子、高山長幸と結婚[4]

1901年(明治34年)4月 私立駿東高等女学院(現・静岡県立沼津西高等学校)設立。

1903年(明治36年)1月 長男帯一、死去[4]

1904年(明治37年)2月 東京YMCAキリスト教青年会)第5代理事長となる[4]

1906年(明治39年)6月 家庭学校理事となる[4]

1907年(明治40年)6月 日本メソヂスト教会日曜学校初代局長となる[7]

1911年(明治44年)7月 母ろく子、死去[4]

1912年(明治45年)4月2日 貴族院議員となる[4]

1913年(大正2年)3月 白十字会会長となる[4]

1917年(大正6年) 林間学校校長となる[4]

1922年(大正11年)5月20日 自ら設立し校長を務めた麻布中学校箱根への遠足の数日後、脳溢血で死去。81歳。

栄典[編集]

親族[編集]

  • 父 源吾
  • 母 ろく子
  • 妻 縫子
  • 長男 帯一
  • 長女 なつ子
  • 次女 よし子
  • 二男 次郎
  • 三男 三郎
  • 四男 愛作
  • 三女 しづ子

脚注[編集]

  1. ^ 国際協調型平和運動 -『大日本平和協会』の活動とその史的位置(坂口満宏)-
  2. ^ 『官報』第8634号、明治45年4月4日。
  3. ^ 江原先生伝編纂会委員 (1923年5月15日). 『江原素六先生伝』. 三圭社. p. 43. 
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au 江原先生伝編纂会委員 (1923年5月15日). 『江原素六先生伝』. 三圭社. 
  5. ^ 『東海教区史』. 日本基督教団東海教区. (2003年5月20日). p. 444. 
  6. ^ 『東海教区史』. 日本基督教団東海教区. (2003年5月20日). p. 446. 
  7. ^ 江原先生伝編纂会委員 (1923年5月15日). 『江原素六先生伝』. 三圭社. p. 233. 
  8. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1915年11月10日。

参考文献[編集]

  • 『麻布中学と江原素六』 川又一英 新潮社 ISBN 4106100320
  • 『江原素六先生伝』 江原先生伝記編纂委員 大空社 ISBN 4872365119
  • 『寛政譜以降旗本家百科事典』*小川恭一東洋書林 1997-1998年
  • 新訂 政治家人名事典 明治~昭和』(2003年、編集・発行 - 日外アソシエーツ、97-98頁)
  • 『東海教区史』日本基督教団東海教区、2003年5月20日
  • 『江原素六先生伝』江原先生伝編纂会委員 三圭社、1923年5月15日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]