ジョージ・コクラン (宣教師)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジョージ・コクラン(George Cochran、1834年1月14日 - 1901年5月24日)は、アイルランド出身のカナダ・メソジスト教会宣教師である。ジョージ・カックラン、ジョウジ・カクランとも表記される。

生涯[編集]

幼少期・青年期[編集]

1834年(天保5年)1月14日 アイルランドのキャバンブで誕生。産まれてすぐ家族とともにカナダのオンタリオ州へ移住[1]。後にキャサリン・デーヴィッドソン(Catherine)と結婚[1]

1853年(嘉永6年)

  • ウェスレアン・メソジスト教会の教職試補となる[2]
  • トロントのメトロポリタン教会の牧師を務める[2]

1856年(安政2年) 按手礼を受ける[2]

1861年(文久元年) 長女スーザン(Susan)誕生[1]

1868年(明治元年) 次女モード(Maude)誕生[1]

日本宣教師[編集]

1873年(明治6年)5月 カナダ・ウェスレアン・メソジスト教会(後のカナダ・メソジスト教会)よりデイヴィッドソン・マクドナルドと供に第1陣の宣教師として日本に派遣される。

1873年(明治6年)6月30日 横浜に上陸[2]マクドナルドと一緒に横浜の山手に家を借り、英語と聖書を教える。

1874年(明治7年)

1875年(明治8年)11月21日 平岩愃保洗礼を授ける。平岩は静岡教会4代目・6代目牧師静岡女学校(後の静岡英和女学院)の創立者、キリスト教界の指導者で日本メソヂスト教会第2代監督となる。

1876年(明治9年)

1878年(明治11年) マクドナルドと供にカナダ・メソジスト教会に婦人宣教師派遣を請願する。

1879年(明治12年) カナダに帰国する。

1882年(明治15年) ヴィクトリア大学より名誉神学博士号を贈られる[1]

1884年(明治17年) 再来日して、東洋英和学校を創立し、初代校長に就任する[1]。また、長女スーザン・次女モードも教師として務める[1]。そして、土屋彦六榎本睦三本多庸一平岩愃保南小柿州吾らを育てる。

ヘブル語に堪能であったので文語訳聖書(明治元訳聖書)の旧約聖書の翻訳にも従事する。

1889年(明治22年) 宣教師たちが東京駿河台のコクランの家に集まって日本部会を組織して、これをトロント年会の下に置いた[2]。部会長はコクラン、書記にはイビーが選出される[2]。三人の日本人青年、淺川広湖山中笑・佐藤重道が教職補に任職された[2]

1893年(明治26年)6月17日 病気のためにカナダに帰国する[1]。カリフォルニア州の牧師、マクレー神学校の学部長を務める[1]。その後、南カリフォルニア大学神学部で教える。

1901年(明治34年)5月24日 ロサンゼルスで死去する。

親族[編集]

  • 妻 キャサリン コクラン(Catherine Cochran)[1]
  • 長女 スーザン コクラン(Susan Cochran、1861年 - ?) 東洋英和女学校教師(1884-1890)[1][3]
  • 二女 モード コクラン(Maude Cochran、1868年 - ?) 東洋英和学校教師(1884-1885)[1]。東洋英和女学校教師(1884-1890)[1][3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m ジャン・W・クランメル (1996年2月25日). 『来日メソジスト教会宣教師辞典』. 教分館. p. 51-52. 
  2. ^ a b c d e f g h 鳥居坂教会百年史. 日本基督教団鳥居坂教会. (1987年11月15日). pp. 14-19. 
  3. ^ a b 東洋英和女学院120年史. 東洋英和女学院. (2005年2月25日). p. 306. 

参考文献[編集]

  • 高橋昌郎『明治のキリスト教』吉川弘文館、2003年
  • 『日本キリスト教歴史大事典』教文館、1988年
  • ジャン・W・クランメル『来日メソジスト教会宣教師辞典』教分館、1996年2月25日
  • 『東洋英和女学院120年史』東洋英和女学院、2005年2月25日
  • 『鳥居坂教会百年史』日本基督教団鳥居坂教会、1987年11月15日