オットー・シュミーデル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

オットー・シュミーデル(Otto Schmiedel, 1858年 - 1926年)は、ドイツ出身の普及福音教会宣教師である。

1858年にザクセン王国で生まれる。ライプツィヒ大学セム学を学び、ヘルマン・グーテ (Herman Guthe) や、アドルフ・フォン・ハルナックに師事する。

イェーナ大学で実兄のパウル・シュミーデル (1851 - 1935) に師事、史的イエスの研究を行う。また、リヒャルト・アダルバート・リプジウス (Richard Adalbert Lipsius, 1830-1892) よりドイツ観念論、カント批判主義、理想主義を学ぶ。

1887年に普及福音教会の宣教師として来日。キリスト教系雑誌『六合雑誌』の編集に携わる。1892年に帰国して、ドイツのゲッテル牧師になる。

著書[編集]

参考文献[編集]