ピエール・ザヴィエ・ミュガビュール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ピエール・ザヴィエ・ミュガビュール
Pierre Xavier Mugabure
カトリック東京大司教
Pierre Xavier Mugabure.jpeg
教会 カトリック教会
大司教区 東京
着座 1906年6月27日
離任 1910年5月27日
前任 ピエール・マリー・オズーフ
後任 フランソワ・ボンヌ
司祭叙階 1874年9月19日
司教叙階 1902年6月22日
個人情報
出生 1850年1月1日
フランスの旗 フランス ピレネー=アトランティック県ゲタリー
死去 (1910-05-27) 1910年5月27日(満60歳没)
フランスの旗 フランス ピレネー=アトランティック県ゲタリー
国籍 フランスの旗 フランス
テンプレートを表示

ピエール・ザヴィエ・ミュガビュール: Pierre Xavier Mugabure1850年1月1日 - 1910年5月27日)は、キリスト教カトリックフランス人バスク人宣教師である。パリ外国宣教会所属で、1875年明治8年)に来日し、1906年(明治43年)6月にカトリック東京大司教区の第2代大司教教区長)に就任した。

生涯[編集]

1850年嘉永3年)1月1日、フランス南西部にあるバスク地方ピレネー=アトランティック県ゲタリーで生まれた。生後まもなく父親が死亡し、司祭であった母方の叔父に引き取られたため、早くから宣教師になる決心をした。小神学校で6年間神学を学んだ後、パリ外国宣教会に入会し、1874年(明治7年)9月19日に司祭に叙階されると、ただちに日本派遣の命令を受け、翌1875年(明治8年)1月に来日した。

来日後、東京神学校でフランス語教授を務めながら、日本語を習得し、1877年(明治10年)8月に築地教会の助任司祭となったが、1879年(明治12年)の末には新潟へ転任し、その後、横浜へ転じた。1885年(明治18年)にピエール・マリー・オズーフに随伴してアメリカに渡り、日本へ帰国後、築地教会の主任司祭に就任し、また1885年(明治18年)から1886年(明治19年)には東京帝国大学にてフランス語の教授を務めた。さらにオズーフの要望により再度アメリカへ渡り3年間滞在した。

日本へ帰国後、再び横浜で布教活動を行い、さらに静岡へ転じ、浜松藤枝沼津等、静岡県下の布教に多大の貢献を果たした。1902年(明治35年)3月21日、東京大司教区補佐司教に任命され、同年6月22日に司教に叙階された。1906年(明治39年)6月27日、オズーフの死去に伴い、東京大司教に就任し、聖堂の新設や出版物の刊行に力を注いだ。1909年(明治42年)9月に肺疾患で吐血し、療養のためフランスへ帰国したが、翌1910年(明治43年)5月27日、故郷のゲタリーにおいて死去した。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 来日西洋人事典〔増補改訂普及版〕日外アソシエーツ 武内博 著(1995年)
  • 一粒の麦 東京教区創立100周年記念誌(1991年)

外部リンク[編集]

先代:
ピエール・マリー・オズーフ
カトリック東京大司教区 教区長
1906年1910年
次代:
フランソワ・ボンヌ