オラメル・ギューリック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オラメル・ヒンクリ・ギューリック
Orramel Hinckley Gulick
Orramel Hinckley Gulick.jpg
O・H・ギューリック宣教師の肖像
生誕 (1830-10-07) 1830年10月7日
ハワイ王国の旗ハワイ王国ホノルル
死没 (1923-09-18) 1923年9月18日(満92歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ハワイ
出身校 オアフ大学
職業 宣教師同志社英学校神学教師
著名な実績 彦根教会(現・日本基督教団彦根教会)設立、七一雑報の創刊、ハワイの日系人伝道
宗教 キリスト教
宗派 アメリカン・ボード(会衆派)
ハワイアン・ボード
配偶者 アン・エリーザ・クラーク(1855年結婚)

オラメル・ヒンクリ・ギューリック(Orramel Hinckley Gulick、1830年10月7日 - 1923年9月18日)は、明治時代の日本で活躍した、アメリカン・ボードアメリカ人宣教師O・H・ギューリック,O.H.ギュリキとも表記される。実弟J・T・ギューリックを初め、一族は宣教師を多数輩出している。

生涯[編集]

ハワイ王国ホノルルで生まれる。オアフ大学を卒業し、1855年にアン・エリーザ・クラークと結婚する。

1871年(明治4年)妻と共に来日する。1872年に京都博覧会に行き、京都で伝道しようとするが、挫折して神戸に移る。

明治初期の神戸教会の男性会員、この中に村上、今村謙吉、鈴木清、ギューリック宣教師がいると言われる。

1875年(明治8年)神戸で、村上俊吉今村謙吉前田泰一らと共に、日本初のキリスト教系新聞の七一雑報を創刊する。1883年まで神戸で文書伝道を行う。

1879年(明治12年)彦根で集会を行い、彦根教会の設立に関わる。[1]

1883年(明治16年)新潟で伝道していたスコットランド一致長老教会(エディンバラ医療宣教会)の宣教医T・A・パームイギリスに帰国したので、アメリカン・ボードが伝道を引継ぎ、ギューリックとR・H・デイヴィスが派遣される。ギューリックは沢山保羅パーム病院に入院しながらの伝道を依頼する。その後、ギューリックはアメリカン・ボードに派遣され岡山熊本で伝道する。

1892年(明治25年)に日本を離れ、ハワイに戻る。ハワイアン・ボードの一員としてハワイの日系人伝道に尽くす。

1923年ハワイで没する。

家系図[編集]

 
 
 
 
 
 
Peter Johnson Gulick
(1796–1877)
 
Fanny Hinckley Thomas
(1798–1883)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Luther Halsey Gulick Sr.
(1828–1891)
 
 
オラメル・ヒンクリ・ギューリック
Orramel Hinckley Gulick
(1830–1923)
 
ジョン・トーマス・ギューリック
John Thomas Gulick
(1832–1923)
 
William Hooker Gulick
(1835–1922)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Theodore Weld Gulick
(1837–1924)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アディソン・ギューリック
Addison Gulick
(1882-1967)
 
Thomas Lafron Gulick
(1839–1904)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Sarah Frances Gulick
(1854–1937)
 
シドニー・ギューリック
Sidney Gulick
(1860–1945)
 
 
Luther Gulick
(1865–1918)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Luther Halsey Gulick
(1892–1993)
 
Sidney Lewis Gulick Jr.
(1902–1988)
 
Frances Jewett Gulick
(1891–1936)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Denny Gulick

脚注[編集]

  1. ^ 高橋2003年,118頁

参考文献[編集]