ハインリッヒ・エルンスト・シュミット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハインリッヒ・エルンスト・シュミット
Heinrich Ernst Schmidt.jpg
生誕1834年
プロイセン クヴェーアフルト
死没1926年
出身校バージニア大学
ペンシルべニア大学
職業宣教師医師

ハインリッヒ・エルンスト・シュミット(Heinrich Ernst Schmidt, Henry Ernest Schmid,1834年 - 1926年)は、米国聖公会から日本に派遣された宣教医(medical missionary)。近世日本の布教史における最初の宣教医である[1]

人物[編集]

1859年2月、米国聖公会は、日本ミッションを開設することを決議し、中国・上海で活動していた宣教師ジョン・リギンズチャニング・ウィリアムズとともに、日本に医療宣教師を派遣することを決定する。

1859年11月、シュミットは日本へ派遣される医療宣教師に任命され、1860年8月に長崎に来日した[2]

シュミットは、長崎で診療所を開設して、無償で医療活動を行うとともに、地元の医師に西洋医学と英語を教えた[3]。 1861年6月に長崎奉行から医療と教育活動の正式な許可を得ると、高度な医療がさらに評判となり、多くの患者を治療した。1000人近い患者に2回以上の診療を行っている[2]。家庭訪問で垣間見た日本の家族の生活に感銘を受けている。教育については、日本人医師たちに英語で現代医学を教えるクラスと、医学とは関係なく英語だけを教えるクラスを設けて教育活動を行った[3]

日本滞在中、グイド・フルベッキ夫妻とも親しく、フルベッキの妻マリアが神経痛になった際、原因が寝室の湿度の高さにあるとして、転居を薦め、夫妻は環境のよい崇福寺広福庵へ転居している[4]。また、1861年7月にウィリアムズとシュミットが整備された東山手居留地に居を移した際、ウィリアムズは東山手居留地の五番館、シュミットは四番館に住み、隣接する三番館にはフルベッキが居住した[1]

シュミットは、疲労から体調を崩し、1861年11月に日本を離れた[5]

米国に帰国後、ニューヨーク州ウエストチェスター郡ホワイトプレインズ(White Plains,Westchester County)に住み、1926年に亡くなるまで、開業医、病院の設立者、病院長、医師会会長などを務め、地元の医療の発展に力を尽くした[1]

シュミットの日本における医療活動は、有効性が認められ、その後の米国聖公会による聖バルナバ病院聖路加国際病院の開設や、立教大学への医学部開設の動きに繋がっていくこととなった。

来歴[編集]

  • 1834年5月1日 - プロイセンの地方都市クヴェーアフルト(Querfurt)に生まれる。
  • 1846年から1851年 - ハレ市(Halle / Saale)の有名なラテン語学校で学び、プロテスタントの敬虔主義に根差した高等教育を受ける。
    1851年までに、ドイツ諸邦すべてで革命派は制圧され、若きハインリッヒ・エルンストはアメリカへの移住を決意する。
  • 1853年10月8日 - ニューヨークに到着し、入国許可を得る。
    バージニア大学で古典学の修士号を、さらにペンシルべニア大学で医師免許を取得した。在学中に米国聖公会との密接な関係を築いたとされる。
  • 1859年 - 医師免許と合衆国の国籍を取得し、米国聖公会により宣教医(medical missionary)として日本に派遣されることが決まる。
  • 1860年8月 - 長崎に来日。チャニング・ウィリアムズとともに崇福寺広徳院に滞在。診療所を開設し、医療活動および医学、英語教育を行う。
  • 1861年7月 - ウィリアムズとシュミットは整備された東山手居留地に引っ越す[注釈 1]
  • 1861年11月 - 日本を離れる。
    米国に帰国後、ニューヨーク州ウエストチェスター郡ホワイトプレインズ(White Plains,Westchester County)に住む。
  • 1926年に亡くなるまで、開業医、病院の設立者、病院長、医師会会長などを務め、地元の医療の発展に力を尽くす。

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c Wolfgang Michel-Zaitsu「野中烏犀円文庫収蔵の諸洋医書について」『伊藤昭弘篇『佐賀藩薬種商・野中家資料の総合研究ー日本史・医科学史・国文学・思想史の視点から』、佐賀大学地域学歴史文化研究センター、2019年3月、 doi:10.13140/RG.2.2.12581.55522
  2. ^ a b Ian Welch 『The Protestant Episcopal Church of the United States of America, in China and Japan, 1835-1870. With references to Anglican and Protestant Missions.』 (PDF) College of Asia and the Pacific Australian National University, 2013.
  3. ^ a b 園田健二「幕末の長崎におけるシュミットの医療活動」『日本医史学雑誌』35(3), pp. 33−48
  4. ^ 一般社団法人長崎親善協会『長崎フルベッキ研究会レポート』
  5. ^ 松平信久「ウィリアムズ主教の生涯と同師をめぐる人々」 第5回すずかけセミナー 2019年11月28日、6頁。

注釈[編集]

  1. ^ シュミットの住む四番館に隣接する三番館には幕府の「済美館」と佐賀藩の「致遠館」で英語などを教える宣教師グイド・フルベッキが居住していた。1866年に中国・日本伝道主教に任じられたウィリアムズは五番館を借りた。