ウィリアム・エドウィン・ホーイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ウィリアム・エドウィン・ホーイ(William Edwin Hoy、1858年6月4日 - 1927年3月3日)は、アメリカ合衆国出身の宣教師で、アメリカ・ドイツ改革派教会から派遣されて明治時代の日本で活躍した。

1858年ペンシルベニア州ミフリンバーグに生まれる。1882年にフランクリン・アンド・マーシャルカレッジを卒業し、1885年に改革派神学校を卒業して、ドイツ改革派教会より日本に派遣される。来日後、後の英学者斎藤秀三郎が通訳を務める。1886年に仙台押川方義D・B・シュネーダーと共に仙台神学校東北学院大学)を創立する。1893年には英文誌<Japan Evangelist>を創刊する。1900年に東北学院を辞任して、清国湖南地方に赴任して活躍する。神学校、教会などを設立する。1927年中国内部の動乱から避難して、アメリカに帰国する際に、船中で病没する。

参考文献[編集]