ウィリアム・エドウィン・ホーイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ウィリアム・エドウィン・ホーイ(William Edwin Hoy、1858年6月4日 - 1927年3月3日)は、アメリカ合衆国出身の宣教師で、アメリカ・ドイツ改革派教会から派遣されて明治時代の日本で活躍した。東北学院三校祖のひとり。

来歴[編集]

1858年ペンシルベニア州ミフリンバーグに生まれる。1882年にフランクリン・アンド・マーシャル大学を卒業、さらにランカスター神学校で3年間学んだ後の1885年、ドイツ改革派教会の日本派遣宣教師の公募に応じて日本に渡る。英学者斎藤秀三郎が通訳を務めた。

来日後間もなく、東北地方での伝道活動の協力者を求めていた押川方義と出会い、2人は仙台を東北伝道の拠点とすることで一致する。そして1886年、仙台で押川と共に仙台神学校(現在の東北学院)を創立する。1893年には英文誌<Japan Evangelist>を創刊。

東北学院は順調に発展していったが、やがて日本の伝道は日本人の手でという押川との意見対立が鮮明になり、1900年、D・B・シュネーダーに後事を託して東北学院を辞任。その後は活動の舞台を清国に求め、湖南省岳州に教会、神学校(湖濱学校)などを設立する。1927年中国内部の動乱で伝道活動が不可能になったため、上海に避難。アメリカに帰国する途中、船中で病没。遺体は故郷ミフリンバーグの教会墓地に埋葬された。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]