ピエール・マリー・オズーフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ピエール・マリー・オズーフ
Pierre Marie Osouf
カトリック東京大司教
Osouf pierre marie.jpeg
教会 カトリック教会
大司教区 東京
着座 1891年6月15日
離任 1906年6月27日(死去)
後任 ピエール・ザヴィエ・ミュガビュール
司祭叙階 1852年7月11日
司教叙階 1877年2月11日
その他役職 日本北緯使徒座代理区長(1876年 - 1891年
個人情報
出生 1829年5月26日
フランスの旗 フランス ノルマンディー地方クータンス司教区
死去 (1906-06-27) 1906年6月27日(77歳没)
日本の旗東京都文京区
国籍 フランスの旗 フランス
テンプレートを表示

ピエール・マリー・オズーフ:Pierre Marie Osouf、1829年5月26日 - 1906年6月27日)は、キリスト教カトリックフランス人宣教師である。パリ外国宣教会所属で、1877年明治11年)に来日し、1891年(明治24年)6月にカトリック東京大司教区の初代大司教教区長)に就任した。

生涯[編集]

1829年文政12年)5月26日、フランス北西部のノルマンディー地方クータンス司教区にて生まれる。1852年嘉永5年)に神学校を卒業、同年7月11日に司祭叙階された後、3年間クータンス司教区の司教秘書を勤めた。その後、パリ外国宣教会に入会し東洋伝道を志してシンガポール香港に赴任した。

1876年(明治9年)、パリの神学校の校長に任命されて帰国したが、同年12月に日本北緯使徒座代理区の教区長に任命された。翌1877年(明治10年)2月11日、パリ外国宣教会本部の聖堂で司教に叙階され、同年7月に日本に向けて出発した。来日後、築地外国人居留地ゴシック様式大聖堂の建設に着手、翌1878年(明治11年)8月15日には完成したカトリック築地教会聖堂で献堂式を行った。

同1878年にシャルトル聖パウロ修道女会を招聘し、1882年(明治15年)にはカトリック神田教会の敷地内に孤児院小学校(現在の白百合学園中学校・高等学校)を設立した。また、1887年(明治20年)にはマリア会を招聘し、翌1888年(明治21年)に暁星学園を創立した。

1891年(明治24年)6月15日、日本使徒座代理区の大司教区昇格に伴い東京大司教区の初代教区長に任命され、その後も教育事業・出版事業などに多大な功績を残した。晩年、リウマチに悩み、1906年(明治39年)6月27日、風邪を拗らせて関口教会の会堂にて死去した。

参考文献[編集]

  • 一粒の麦 東京教区創立100周年記念誌(1991年)
  • 人物による日本カトリック教会史-聖職者および信徒-75名伝 池田敏雄著(1968年)
  • 来日西洋人事典〔増補改訂普及版〕日外アソシエーツ 武内 博著(1995年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
カトリック東京大司教区 教区長
1891年1906年
次代:
ピエール・ザヴィエ・ミュガビュール
Pierre Xavier Mugabure