ロバート・デイヴィス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ロバート・ヘンリー・デイヴィス(Robert Henry Davis、1844年8月29日 - 1899年2月10日)は新潟宣教で活躍したアメリカン・ボード宣教師同志社J・D・デイヴィスの甥である。

デラウェア州に生まれ、1868年にアマースト大学を卒業し、同大学院で修士号(M.A.)を取得する。その後、バンガー神学校で学んで牧師になる。1874年フランセス・ラウンズと結婚する。1878年10月にアメリカン・ボードの宣教師として来日する。神戸で1883年まで伝道に従事し、1883年7月から、スコットランド一致長老教会宣教師セオボールド・パームの後任としてO・H・ギューリック宣教師夫妻と共に新潟地方の伝道を始めた。

1884年に新潟第一基督教会(現、日本基督教団新潟教会)を設立して、成瀬仁蔵を初代牧師に迎えた。翌1885年に帰国しニューハンプシャー州で牧師をする。1899年にデラウェア州ミルフォードで死去する。

参考文献[編集]

  • 『日本キリスト教歴史大事典』教文館、1988年

関連項目[編集]