デヴィッド・ボウマン・シュネーダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
デヴィッド・B・シュネーダー
David B. Schneder
Schnedera.jpg
教会 ドイツ改革派教会
個人情報
出生 1857年2月23日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ペンシルベニア州ボウマンズビル英語版
死去 1938年10月5日
日本の旗 日本
宮城県仙台市
墓所 北山キリスト教墓地(仙台市)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
子供 ジョン、メアリ、マーガレット
出身校 フランクリン・アンド・マーシャル大学英語版
ランカスター神学校英語版
テンプレートを表示

デヴィッド・ボウマン・シュネーダー(David Bowman Schneder、1857年2月23日 - 1938年10月5日)は、アメリカ合衆国出身の宣教師で、合衆国・ドイツ改革派教会から派遣され、日本で活躍した。東北学院三校祖のひとり。

来歴[編集]

1857年ペンシルベニア州に生まれる。1882年にフランクリン・アンド・マーシャル大学英語版を卒業し、1879年ランカスター神学校英語版を卒業。その後、アメリカ国内で4年間牧師を務めた。

1887年(明治20年)、ドイツ改革派教会より日本宮城県仙台区1889年より仙台市)に派遣される。1886年(明治19年)に仙台区に開校された仙台神学校(現・東北学院)に赴任し、押川方義W・E・ホーイに協力して仙台神学校の経営を行う。この三名が東北学院の重鎮になる。

1887年(明治20年)に山形県南村山郡山形(1889年より山形市)に開校された山形英学校の英語教師もJ・P・ムーアと共に兼任する。

1889年(明治22年)、宮城県宮城郡七ヶ浜村(現・七ヶ浜町)にF.W.ハーレルらと別荘地(現・高山外国人避暑地)を拓く。

1901年(明治34年)に、押川の後を継いで東北学院第2代目院長に就任する。在位35年間に、中学部、高等部、神学部を整備し、私塾的な学校を総合的なキリスト教主義教育機関に育て上げた。

1919年大正8年)には旧中学校舎を建設。1923年(大正12年)には新校舎、1926年(大正15年)に専門部校舎(東北学院大学 本館)、礼拝堂(ラーハウザー記念東北学院礼拝堂)を建設する。また、伝道者としても仙台教会(現、日本基督教団仙台東一番丁教会)を設立する。

これらの活動が評価され、フランクリン・アンド・マーシャル大学より名誉神学博士号を授与され、アーサイナス大学より名誉法学博士号を授与された。

1936年昭和11年)には、東北学院の院長を辞任し、名誉院長に就任する。一時帰米ののち1938年(昭和13年)6月再び仙台に戻り、翌月4日に「滞日50年の思ひ出」と題する講演(NHK仙台放送局を通じて全国中継)を行った[1]。同年10月に狭心症で死去。 仙台市内のキリスト教墓地に埋葬された。

シュネーダーと試練[編集]

シュネーダーは、押川とホーイの二人が去った 後に、幾多の試練を克服し、東北学院の発展に尽力した。その中でも最大の試練は、新校舎や寄宿舎が完成した後に、1919年に起きた仙台大火であった。仙台は空前の大火に襲われ、東北学院の諸施設も焼失し、すべての努力が消え 去るほどの悲嘆の中に置かれたが、シュネーダー院長は、自ら先頭に立って再建に奔走した。その結果、学内外の広い募金活動を得て、3年後の1922(大正11)年には新校舎が完成した。正面にはLIFE LIGHT LOVEの3語が刻まれ、これは3L精神と呼ばれ、 その後の学院の建学の精神として親しまれることになった。

ホーイとシュネーダー[編集]

D. B. シュネーダー(左から4番目、右奥はホーイ、1888年)

1918年(大正8年)3月1日、仙台市の中心部を焼き尽くた大火によって、かけがえのない中学部の建物が完全に灰となった。 中学部が燃え落ちる絶望の中でシュネーダーは緊張と憔悴とで崩れ落ちる

中学部はシュネーダーにとって、働き盛りの労苦に満ちた長い年月の成果の全てであった。生徒たちはシュネーダーを連れ戻した。シュネーダーは祈る。「神が将来への望みと勇気をお与えくださるように」と。

最も尊かったのはウイリアム・ホーイ博士からの寄付であった。この東北学院の創設者の一人は、次のような言葉を添えて、百ドルの献金を送って来た。 「東北学院設立の第一年目に、誰の助けも借りないでその基をたずさえた労苦は、なにびとにも十全には知り得ないところでありましょう。東北学院が今回の大火のごとき災難に見舞わた時、この献金を捧げますのは、かの設立の精神を込めてであります」と。 [2]

1927年(昭和2年)ホーイが船の上で死去したとの悲報が届いた時、D・B・シュネーダーはかつての同労者ホーイを、「キリスト教の歴史上、最も偉大な宣教師のひとり」と呼んだ。 [3]

日米関係とシュネーダー[編集]

日本での教育と伝道活動に従事するかたわら、日米間を往復してアメリカの日系移民排斥問題(排日移民法参照)の解決に取り組み、1916年8月末に押川方義とともに時の総理大臣大隈重信と面談した[4]。シュネーダーによれば「押川と親交のあった大隈重信総理は若い頃、明治初年の宣教師、フルベッキ博士(グイド・ヘルマン・フリドリン・フェルベック・Guido Herman Fridolin Verbeck)の生徒の一人として、そのもとで聖書を学んだ。伯(大隈重信総理)は、自分の本当の目的が英語の学習にあったことは認めていたが、夫人はキリスト教信者で、伯自身は洗礼を受けるところまでは行かなかったが個人的な道徳・精神の生活において、またその生きがいや願望において、キリスト教信者であった」と述懐している。シュネーダーはアメリカの情勢を説明し、アメリカが必ずやキリスト教に基づく民主的な方法で、困難を解決するであろうと大隈に向かって保証し、大隈は日本の協調的態度を保証し、日本からの移民を制限すると約束した[5]

1924年3月12日、シュネーダーは米連邦議会上院の移民特別委員会に参考人として招致され、日本に対する差別的処遇は日本人の誇りと自負心を著しく傷つけることになると訴えた[6]。しかし、1924年移民法案(いわゆる排日移民法案)は5月15日議会を通過、同月26日に大統領署名、7月1日発効となった。シュネーダーの失望は大きかった。

やがて十五年戦争が勃発し、日本がアジア各地に帝国主義的拡張策を展開するにつれて、シュネーダーの個人的苦悩も深まっていった。シュネーダーが院長を辞任する直前、ドイツ改革派教会の外国伝道局幹事は私信を送り、シュネーダーが日本国内で享受している深い尊敬と強い影響力を行使して、日本のアジア侵略政策に歯止めを掛けるように迫ったとき、シュネーダーは以下のような趣意の返書を送った[7]

…何をしたら良いかは容易には知りがたいものです。何もしないで平然としていることは、おそらく正しくないでしょうが、何かをすることが、かえって迷惑を引き起こすこともあるのです。[8]

シュネーダー 人物[編集]

シュネーダーの信用は宣教師の同僚たちには揺るぎないものであった。年に二、三回開催された宣教師会議でシュネーダーが口を開くとき、その言葉に含まれる賢明さを周りの誰もが承認し、彼が二言、三言口にすると、他の人々の同意を獲得するのが常であった。 しかし、それ以上に日本人同労者はシュネーダーを信頼し、その敬愛の念には際限のない程であった。 シュネーダーの人柄を言い表すために最も用いられた言葉は『マジメ』という言葉だった。英訳しがたいが辞書によれば「serious and earnest」(真剣で熱心)とある。日本人からこのように評価された「米国人シュネーダー」は、最も高貴な人格者であった。 シュネーダーの精神的偉大さについてのエピソードは多いが聖公会のピンステッド主教は次のように伝えている。 「この老宣教師が部屋に入ってくると、まるで神様御自身が彼と共に入って来られたような気持ちになったのは、私だけではなかった。彼は万事を祈りによって解決している。正しく論理的で、キリスト教にふさわしいと考えたことについては、一歩も妥協しない意志を待ち合わせていた」[9]

日本人を愛し尊重する態度はシュネーダーに初対面の日本人をして「この方は本当に外国から来られたのか」と言わしめる程であった。 1936年(昭和11年)2月26日 シュネーダーが東京に滞在中 かの二・二六事件がおこる。 進歩的な政治家を暗殺し、軍による政府の支配へと一歩押し進めた事件であった。暗殺の犠牲者の中には、枢密院顧問官斎藤子爵や、大蔵大臣、高橋是清のようなシュネーダーの個人的友人も含まれていた。 シュネーダーは「私はこの週末、東京に滞在中、そこで起こった事を見聞しました。秩序は良く保たれていますが、高橋や斎藤のような人々が殺害されるとは、なんと恐ろしいことでありましょう。彼等は最も優れた、有能な人々でしたし、長年の間、祖国と人類に仕えてきたのです」しばし、シュネーダーは日本人から意見を求められることが多かったが、彼は決して『日本の方向付け』にかかわることは口にしなかった。日本を尊重するその心は、シュネーダーの最後の一年間は日米開戦を回避するため、出来る限りの努力を払うことに向けられたのであった。[10]

シュネーダーの葬儀[編集]

1938(昭和13)年10月10日 葬儀は西欧式で取り行われた。葬儀屋は東京から来仙、棺も東京から取り寄せられた。政府高官、教育者、市の名士、教職員、学生、大工、ぶりき屋、庭師、家事手伝い、さらにはかつての時代の年老いた人力車夫等、多くの人々が弔意を表す為、遠くから近くから群をなして来訪した。天皇は花輪と銀杯を賜った。花輪には近衛首相や暗殺された斎藤子爵の夫人からのものも含まれていた。学生の代表達が棺を担ぎ、市民で埋まった狭い街路を抜けて、2キロほど離れた東北学院専門部の礼拝堂(ラーハウザー東北学院礼拝堂)へ向かった。棺の後には日本人と宣教師から成る栄誉棺衣隊、次いで校旗、高位の軍人の捧げる天皇腸杯が続いた。博士の受けた全ての勲章をそれぞの政府の高官がこれを捧げ持った。その後に シュネーダー家の人々と親しい人々、最後に学生たちと数千人の市民が続いた。

シュネーダー自身は1938(昭和13)年10月、夫人は開戦の半年前の1941(昭和16)年6月、彼らが「二つの祖国」とまで呼んだ日米両国の間の戦火を見ることなしに世を去ったことは、周囲の知友たちにはこの上ない僥倖と受け止められた。奇しき神の摂理によって、シュネーダー博士夫妻は共に、二人で愛し抜き、五十年以上も奉仕した二つの国の間の戦争、という苦悩を味合わないで済んだのであった。[11]

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『東北学院百年史』 811-813頁
  2. ^ 『シュネーダー博士の生涯:その人とその時代』p123 1976年5月
  3. ^ 『シュネーダー博士の生涯:その人とその時代』p156 1976年5月
  4. ^ 藤一也 『押川方義 そのナショナリズムを背景として』 燦葉出版社、1991年、325頁
  5. ^ 『シュネーダー博士の生涯:その人とその時代』 116頁
  6. ^ 『東北学院百年史』 575頁
  7. ^ 『東北学院百年史』 807-808頁
  8. ^ 『シュネーダー博士の生涯:その人とその時代』 195頁
  9. ^ 『シュネーダー博士の生涯:その人とその時代』 185頁
  10. ^ 『シュネーダー博士の生涯:その人とその時代』 183頁
  11. ^ 『シュネーダー博士の生涯:その人とその時代』 201頁
  12. ^ 『東北学院百年史』 802頁
  13. ^ 『東北学院百年史』 577頁

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

学職
先代:
W.E.ホーイ
東北学院理事長
1900年 - 1936年
次代:
E.H.ゾーグ