南村山郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 東北地方 > 山形県 > 南村山郡
山形県南村山郡の範囲

南村山郡(みなみむらやまぐん)は、山形県にあった

郡域[編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

  • 山形市の一部(若木、村木沢、[この間、耕地整理による町名変更のため不詳]、土樋のうち馬見ヶ崎川、薬師町、緑町、小白川町、釈迦堂、滑川、新山、関沢以南)
  • 上山市の大部分(中山を除く)

歴史[編集]

郡発足までの沿革[編集]

知行 村数 村名
幕府領 幕府領 2村 若木村、関根村(現・山形市)
藩領 出羽上山藩 5町
33村
十日町、二日町、裏町、北町、新丁[1]、長清水村、河崎村、高松村、石曽根村、川口村、藤吾村、阿弥陀地村、小穴村、細谷村、関根村(現・上山市)、相生村、三上村、皆沢村、泉川村、金谷村(現・上山市金谷)、権現堂村、小倉村、永野村、高野村、仙石村、金生村、宮脇村、下生居村、中生居村、牧野村、原口村、楢下村、菖蒲村、大門村、久保川村、小笹村、須田板村、上生居村
下総佐倉藩 25村 柏倉村、門伝村、村木沢村、小白府村、金谷村(現・上山市金瓶)、上野村、半郷村、山田村、飯田村、下桜田村、中桜田村、岩波村、●上宝沢村、●下宝沢村、吉原村、山神村、成沢村、青田村、前明石村、●平清水村、高湯村、小立村、津金沢村、●沼木村、●陣場新田
出羽山形藩 1町
14村
山形[2]、●南館村、●小白川村、前田村、●釈迦堂村、●妙見寺村、●上椹沢村、●下椹沢村、行沢村、新山村、●上桜田村、土坂村、草矢倉村、神尾村、片谷地村
上野館林藩 8村 今町村、●飯塚村、長谷堂村、菅沢村、松原村、黒沢村、狸森村、二位田村
常陸土浦藩 2村 本木村、八森村
佐倉藩・館林藩 1村 谷柏村

郡発足後の沿革[編集]

  • 明治11年(1878年11月1日 - 郡区町村編制法の山形県での施行により、村山郡のうち7町84村に行政区画としての南村山郡が発足。郡役所が山形旅籠町に設置。
1.上山町 2.西郷村 3.本庄村 4.東村 5.宮生村 6.中川村 7.金井村 8.堀田村 9.滝山村 10.東沢村 11.南沼原村 12.城西村 13.村木沢村 14.柏倉門伝村 15.本沢村 16.山元村(紫:山形市 桃:上山市 *:発足時の山形市)
  • 明治22年(1889年4月1日
    • 市制の施行により、山形31町[4]の区域をもって山形市が発足し、郡より離脱。
    • 町村制の施行により以下の町村が発足。(1町15村)
      • 上山町 ← 上ノ山十日町、上ノ山鶴脛町、上ノ山二日町、上ノ山新丁、上ノ山裏町、上ノ山北町、長清水村、河崎村(現・上山市)
      • 西郷村 ← 高松村、石曽根村、川口村、藤吾村、阿弥陀地村、小穴村、細谷村(現・上山市)
      • 本庄村 ← 関根村、相生村、三上村、皆沢村、楢下村(現・上山市)
      • 東村 ← 牧野村、原口村、須田板村、小笹村、久保川村、大門村、菖蒲村(現・上山市)
      • 宮生村 ← 金生村、宮脇村、下生居村、中生居村、上生居村(現・上山市)
      • 中川村 ← 泉川村、金谷村、仙石村、高野村、永野村、権現堂村、小倉村(現・上山市)
      • 金井村 ← 片谷地村、松原村、黒沢村、谷柏村、津金沢村(現・山形市)
      • 堀田村 ← 下桜田村、飯田村、成沢村、山田村、半郷村、上野村、山神村、高湯村(現・山形市)、金瓶村(現・上山市)
      • 滝山村 ← 前田村、小立村、平清水村、岩波村、八森村、土坂村、神尾村、青田村、上桜田村、本木村、中桜田村(現・山形市)
      • 東沢村 ← 小白川村、妙見寺村、釈迦堂村、下宝沢村、上宝沢村、滑川村、新山村、関沢村(現・山形市)
      • 南沼原村 ← 南館村、吉原村、沼木村(現・山形市)
      • 城西村 ← 下椹沢村、上椹沢村、飯塚村(現・山形市)
      • 村木沢村 ← 若木村、村木沢村(現・山形市)
      • 柏倉門伝村 ← 柏倉村、門伝村(現・山形市)
      • 本沢村 ← 前明石村、二位田村、菅沢村(現・山形市)、長谷堂村(現・山形市、上山市)
      • 山元村 ← 狸森村、小白府村(現・上山市)
      • 今町村が東村山郡成生村、陣場新田が東村山郡金井村の各一部となる。
  • 明治24年(1891年)4月1日 - 郡制を施行。
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正15年(1926年7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和12年(1942年)7月1日 - 「東南村山地方事務所」が山形市に設置され、東村山郡とともに管轄。
  • 昭和22年(1947年12月26日 - 城西村の一部(上椹沢・下椹沢)に椹沢村、残部(飯塚)に飯塚村が発足。(1町16村)
  • 昭和25年(1950年10月10日 - 堀田村が改称して蔵王村となる。
  • 昭和29年(1954年
    • 3月31日 - 飯塚村が山形市に編入。(1町15村)
    • 6月1日 - 椹沢村が山形市に編入。(1町14村)
    • 10月1日(6村)
      • 上山町・中川村・宮生村・西郷村・本庄村・東村が合併して上山市が発足し、郡より離脱。
      • 東沢村・滝山村・南沼原村が山形市に編入。
    • 11月1日 - 金井村が山形市に編入。(5村)
  • 昭和31年(1956年
    • 11月15日 - 本沢村の一部(長谷堂字久保手)が上山市に編入。
    • 12月23日 - 蔵王村・本沢村・村木沢村・柏倉門伝村が山形市に編入。(1村)
  • 昭和32年(1957年3月21日 - 山元村が上山市に編入。同日南村山郡消滅。山形県内では1878年の郡の再編以来、初の郡消滅となった。

変遷表[編集]

自治体の変遷
明治22年以前 明治22年4月1日 明治22年 - 昭和25年 昭和26年 - 現在 現在
山形市 山形市 山形市 山形市
城西村 昭和22年12月26日
飯塚村
昭和29年3月31日
山形市に編入
昭和22年12月26日
椹沢村
昭和29年6月1日
山形市に編入
東沢村 東沢村 昭和29年10月1日
山形市に編入
滝山村 滝山村
南沼原村 南沼原村
金井村 金井村 昭和29年11月1日
山形市に編入
堀田村 昭和25年10月10日
改称
蔵王村
昭和31年12月23日
山形市に編入
本沢村 本沢村
村木沢村 村木沢村
柏倉門伝村 柏倉門伝村
上ノ山町 上ノ山町 昭和29年10月1日
上山市
上山市
中川村 中川村
宮生村 宮生村
西郷村 西郷村
本荘村 本荘村
東村 東村
山元村 山元村 昭和32年3月21日
上山市に編入

行政[編集]

  • 歴代郡長
氏名 就任年月日 退任年月日 備考
1 明治11年(1878年)11月1日
大正15年(1926年)6月30日 郡役所廃止により、廃官

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 以上5町は上山城下。新丁は「旧高旧領取調帳」には記載なし。
  2. ^ 山形城下各町の総称。本項では便宜的に1町と数える。「旧高旧領取調帳」には七日町、横町、十日町、二日町、八日町、●鉄砲町、五日町、●上町、旅籠町、●下条町、檜物町、桶町、銀町、蝋燭町、材木町、百姓町(六日町のうち)、●三日町、●小荷駄町、弓町、地蔵町、専称寺町、●六日町、●宮町、銅町、皆川町、北肴町、新肴町、四日町、鍛冶町、小橋町、諏訪町の31町が記載されている。塗師町、歩町の2町は記載がない。明治5年に小姓町が起立。明治7年に山形城郭内に香澄町が起立。明治9年に北肴町・新肴町が合併して肴町が発足。同年に弓町が小荷駄町、専称寺町が地蔵町にそれぞれ合併。明治17年に山形を冠称。
  3. ^ 「旧領旧高取調帳」では佐倉県・館林県・土浦県の管轄となっているが、誤記とみられる。
  4. ^ 山形香澄町、山形上町、山形五日町、山形八日町、山形二日町、山形鉄砲町、山形三日町、山形十日町、山形七日町、山形横町、山形材木町、山形蝋燭町、山形銀町、山形塗師町、山形桶町、山形檜物町、山形小荷駄町、山形小姓町、山形諏訪町、山形地蔵町、山形旅籠町、山形六日町、山形鍛冶町、山形四日町、山形小橋町、山形宮町、山形銅町、山形歩町、山形肴町、山形下条町、山形皆川町。

参考文献[編集]

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 編 『角川日本地名大辞典』 6 山形県、角川書店、1981年12月1日。ISBN 4040010604 
  • 旧高旧領取調帳データベース

関連項目[編集]

先代
村山郡
行政区の変遷
1878年 - 1957年
次代
(消滅)