エミール・ラゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

エミール・ラゲ(音訳:拉藝Émile Raguet1854年10月24日 - 1929年11月3日)は、ベルギー神父聖書翻訳家辞書編集者パリ外国宣教会に所属していた。来日し九州各地で布教。また、文語体による日本語訳聖書を作成し、仏和辞典を編纂した。

生涯[編集]

1854年エノー州のブレーヌ・ル・コントに生まれる。ボンヌ・エスペランス小神学校で中等教育を終えたあと、トゥルネーの中央神学校に学び、1877年、パリ外国宣教会に入会し、同年、同会神学校で副助祭に、1879年、司祭に叙階され、同年日本に派遣される。最初に長崎県の伊王島、次に平戸で旧来の信者に相対した後、1887年、福岡(博多あるいは筑前)で宣教開始[1]1890年11月より、大分カトリック教会で講演による宣教活動を行う[2]1891年、宮崎カトリック教会を創設[3]1896年、鹿児島で宣教開始[4]1902年、東京市築地教会に『佛和㑹話大辭典』出版のために転居[5]1908年、同書の売上金により聖フランシスコ・ザベリオ聖堂を鹿児島に建立[6]1911年2月、浦上小教区主任となり、1914年3月、フレノ神父[注釈 1]の後を引き継いでいた浦上天主堂の建築を竣工させる。1920年9月まで同教区に在籍[7]1929年、東京で死去[8]

著書[編集]

  • 信仰之法則 -聖書ハ信仰の無二の法なるや(上) 福岡公教會、1890年[9]
  • 基督之復活 -歴史之論点に拠りて証す 福岡公教會、1890年
  • 堅振の秘蹟 不明、1896年[10]
  • 公教理解(1) 三才社、1900年
  • 完全なる痛悔 前田長太、1902年[注釈 2]
  • 公教会羅甸歌集 三才社・昌平舘、1903年[11]
  • 天主の十誡-公教理解 第2部第1巻 ラゲ、1913年[12]
  • 聖體の祕蹟 光明社、1915年
  • 聖フランシスコザベリヨに對する九日修行[13] ラゲ、1915年[12]
  • 公教初歩説明(上・中・下) 光明社、1916-1920年
  • 聖體の犧牲 ラゲ、1919年[12]
  • 小兒ノ公教ノ栞 光明社、1931年

翻訳[編集]

  • 佛和小辭典(編訳)(小野藤太[注釈 3]との共訳) 三才社、1904年
  • 佛和小辭典(編訳)(小野藤太との共訳) 天主公教會、1905年
  • 佛和㑹話大辭典(編訳)(小野藤太との共訳) 天主公教會、1905年
  • 心戰 (ロレンツォ・スクポリ著、加古義一との共同執筆) 三才社、1907年[14][15][注釈 4]
  • 我主イエズスキリストの新約聖書(Waga Shu Iesus Kirisuto no Shin-yaku seisho) 公教會、1910年
  • 完徳之栞(1)(聖アルフォンソ・リゴリオ著作の抜粋集) ラゲ、1912年[12]
  • 聖福音書と使徒行録 公教會、1926年
  • マテオ聖福音書 天主公教會、1929年
  • 耶蘇基督 (イエズス・キリスト) ・ 聖ヨハネ聖福音書 天主公教社、1930年

また、マルタン[注釈 5]佛和大辭典(編訳) 白水社、1943-1953年の原版を編集している。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ピエール・テオドール・フレノ Pierre Theodore Fraineau 1847-1911 神父。浦上・五島・長崎にて布教。浦上天主堂創建に尽力した。
  2. ^ ラゲ編。1603年(慶長8年)に出版された『コンチリサンの略』を代々長崎の信徒が口伝してきた事実が1865年確認されたため、その言葉を編集し、表記したもの。
  3. ^ 旧制第七高等学校講師。
  4. ^ イタリア語原文をフランス語訳したものを日本語に孫訳したものと澁谷治は推定する。
  5. ^ ジャン・マリ・マルタン Jean Marie Martin 1886-1975 神父。長崎・宮崎・鹿児島・福岡・熊本・鎌倉にて布教。ラゲ編佛和会話大辭典を基にして、同書出版以降に作成されたラゲによる改稿案を引き継ぎ増補改訂作業を行い、本書を出版した。

出典[編集]

  1. ^ 福岡教区のあゆみ-1.福岡 カトリック福岡司教区
  2. ^ 大分教区設立前史 カトリック大分司教区
  3. ^ 宮崎教会の紹介 カトリック宮崎教会
  4. ^ E・ラゲ神父 カトリック鹿児島司教区
  5. ^ 河野純徳著『鹿児島における聖書翻訳-ラゲ神父と第七高等学校造士館教授たち-』、キリシタン文化研究会、1981年、p52
  6. ^ 『聲』日本天主公敎出版社 1942年11月號(800號)、p43
  7. ^ 歴代司祭 長崎教区カトリック浦上教会
  8. ^ 大森の聖マリア共同病院。河野純徳著『鹿児島における聖書翻訳-ラゲ神父と第七高等学校造士館教授たち-』、キリシタン文化研究会、1981年、p104
  9. ^ 拉藝名義。
  10. ^ 奧付が存在せず。
  11. ^ ラゲ編纂。
  12. ^ a b c d ラゲ発行。
  13. ^ 本来は、3月4日から12日まで。同書p7
  14. ^ ラゲ訳兼発行。
  15. ^ ロレンツォ・スクポリ著『心戰』 澁谷治訳、カトリック思想・科學研究所、1937年、p2