フィリップ・ファイソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
"The Right Rev. Bishop Fyson" in a 1902 publication

フィリップ・ケンボール・ファイソン(Philip Kemball Fyson、1846年 - 1928年1月30日)は、英国聖公会宣教協会(CMS)から日本に派遣された宣教師である。

生涯[編集]

1848年にイギリスサフォーク州ブリー・セイント・エドモントで生まれる。ケンブリッジ大学クライスト・カレッジで学ぶ。1872年に祭司に任職され、ドライプール教会で奉仕する。

日本派遣宣教師に任命され1874年(明治6年)にジョン・パイパーと共に来日する。ファイソンは、日本語を学んだ後、1875年新潟に行く。1882年に学校町に講義所を建てる。牧岡鉄弥芥川清五郎洗礼を授ける。

その後、グイド・フルベッキジェームス・カーティス・ヘボンらと共に明治元訳聖書の翻訳に携わる。

1889年には大阪三一神学校の校長になる。北海道地方部初代主教としてファイソンが派遣される。北海道地方部には、ジョン・バチェラーW・アンドルーズらがいた。

1908年に引退し、イギリスに帰国して余生を過ごす。1928年に死去する。

参考文献[編集]