ジェローム・デイヴィス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジェローム・ディーン・デイヴィス
Jerome Dean Davis
Jerome Dean Davis (1838-1910).jpg
生誕 1838年1月17日
ニューヨーク州ニューヨーク
死没 (1914-11-04) 1914年11月4日(76歳没)
ニューヨーク州ニューヨーク
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
別名 J.D.デイヴィス、ジエー・デー・デビス
職業 宣教師、教育者
団体 アメリカン・ボード学校法人同志社
宗教 キリスト教会衆派

ジェローム・ディーン・デイヴィス(Jerome Dean Davis,1838年1月17日 - 1910年11月4日)はアメリカン・ボード宣教師・教育者。同志社英学校の設立時に参加している。来日前に南北戦争の際、中佐だった[1]J.D.デイヴィスと表記されることが多い。また、ジエー・デー・デビスとも表記されていた。

経歴[編集]

ニューヨークに生まれ、ベロイト大学の在学中に南北戦争が勃発する。北軍の義勇軍として軍隊に入り、連隊旗手として軍務に付く。シャイローの戦いで武功を上げ、最終的に中佐になる。

戦争終了後、シカゴ神学校を卒業する。1872年(明治5年)にD・C・グリーン宣教師、前田泰一らと共に神戸宇治野村に自給の英語学校を開設し、多くの学生を集めて授業の前に聖書を教えた。1873年(明治6年)2月に、キリシタン禁制令の高札が撤去されて、キリスト教信仰の自由が保障されると、グリーンとデイヴィスらは元町四丁目に家を借りて、キリスト教図書の書店とチャペルに用いた。

アメリカン・ボードの宣教師デイヴィス夫妻

神戸の次は京都に移り、新島襄と二人で同志社最初の教員になる。実質的に同志社の影の校長の役割を担った。新島の死後、1890年に英文で新島襄伝を著した。

親族[編集]

  • トマス・ジョサイア・デイヴィス -- 兄
  • ジェネヴィーブ・デイヴィス・オールズ -- 娘 (Genevieve Davis Olds)
  • ロバート・ヘンリー・デイヴィス -- 甥(アメリカン・ボードの宣教師、新潟宣教)
  • アンナ・Y・デイヴィス -- 姪(アメリカン・ボードの宣教師、同志社女学校の教師)

著書[編集]

  • A sketch of the life of Joseph Hardy Neesima,president of Doshisha,Kyoto 1890年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ JEROME DAVIS (PDF)”. sdrc.lib.uiowa.edu. p. 2. 2012年5月27日閲覧。

参考文献[編集]

  • 笠井秋生、佐野安仁、茂義樹『沢山保羅』日本基督教団出版局、1977年
  • 『現代語で読む新島襄』学校法人同志社2000年
  • 守部喜雅『日本宣教の夜明け』いのちのことば社、2009年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]