ドリマス・スカッダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ドリマス・スカッダー(Doremus Scudder、1858年 - 1942年)は、アメリカ合衆国キリスト教宣教団体アメリカン・ボードの日本派遣宣教師である。

1858年に、宣教師H・M・スカッダー(en:Henry Martyn Scudder, 1822-1895)の子供としてニューヨークに生まれた。イエール大学ユニオン神学校シカゴ医科大学で学び医学博士号を取得した。

アメリカン・ボードの宣教医として受け入れられ、1884年に初来日し、神戸で活動した[1]。1885年に新潟に移り、1889年に帰国するまで同地に滞在した[1]エディンバラ医療宣教会T・A・パーム新潟での活動を引き継ぐために新潟に行く。しかし、伝道と教育に専念するためにパーム病院を閉鎖する。

スカッダーは新潟市を中心に教会で宣教活動を行い、新潟女学校北越学館で教鞭を執った。内村鑑三が北学館の仮教頭になる際には仲介者になった。また、YMCA白十字社を創立した。

1887年から1888年にかけて、両親と他宣教師10名が新たに新潟に来援した。姉の病気で一時アメリカに帰国して、アメリカで伝道活動を行う。1902年からハワイに赴任し、1916年から1917年まで東京ユニオン・チャーチ牧師を務める。1942年カリフォルニア州プエンテ脳出血のために死去した。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Dr. Doremus Scudder 1858-1942Ancestry