ジョージ・エンソル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジョージ・エンソル(George Ensor、生年不詳 - 1911年7月13日)は、英国聖公会宣教協会(CMS)で日本に派遣された最初の宣教師である。

生涯[編集]

イギリス教会宣教会の宣教師養成学校で学び、最初の日本派遣宣教師に任命される。1869年(明治2年)に来日して、長崎の英語稽古所で英語を教えながら伝道する。長崎では「妖僧エンソル」と呼ばれた。日本で最初の信者二川一騰洗礼を授ける。1870年(明治3年)後に日本基督公会の最初の執事になった仁村守三に洗礼を授けた。しかし、日本での宣教を断念して、1873年(明治6年)に英国に帰国する。

1909年(明治42年)宣教師になった娘と共に再来日し、東京で伝道をする。英国に一時帰国するために舟に乗っている時、1911年(明治44年)7月13日ジブラルタル海峡付近で病死する。

参考文献[編集]