ギデオン・ドレーパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ギデオン・フランク・ドレーパー
Gideon Draper.jpg
伝道 日本アメリカ合衆国
その他役職 東京英和学校理事長、横浜訓盲学校創設者
個人情報
出生 (1858-02-07) 1858年2月7日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国コネチカット州レイクビル
死去 (1951-01-24) 1951年1月24日(92歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ベンチュラ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
居住地 弘前、横浜、函館
両親 シャーロッテ・ピンクニー・ドレッパー(母親)
配偶者 マイラ・エニッド・ヘイブン
子供 メリオン・ドレーパー
ウィニフレッド・ドレーパー
職業 宣教師視覚障がい者教育
出身校 シラキュース大学
テンプレートを表示

ギデオン・フランク・ドレッパー(Gideon Frank Draper、1858年7月20日 - 1951年1月24日)は、メソジスト派アメリカ人宣教師中田重治バプテスマを授けた人物。G・F・ドレーパーとも表記。日本の盲人教育の歴史上重要な人物。

母のシャーロッテ・ピンクニー・ドレッパーは日本に母の日を定着させた人として有名である。

生涯[編集]

1858年アメリカ合衆国コネチカット州レイクビルに生まれる。1880年(明治13年)マイラ・エニッド・ヘイブンと1月に結婚して日本宣教のために3月に横浜港から来日する。

1881年(明治14年)に両親が来日して、函館に住む。1884年(明治17年)に、東奥義塾英語教師として赴任した。1885年(明治18年)より、本多庸一牧師の下で弘前教会の宣教師を兼任した。1887年(明治20年)6月2日、唯一度だけ洗礼式を執行した時、5人の婦人とその他の3人が洗礼を受けた。後にホーリネスの指導者となる中田重治もその中にいた。

1888年(明治21年)横浜に住んで、京浜、東海地区を伝道する。1889年(明治22年)横浜南区中村に盲人福音会を設立する、後の横浜訓盲学校である。

1892年(明治25年)函館で伝道する。1893年(明治26年)信州で伝道する。1895年(明治28年)函館訓盲会を設立する。1898年(明治31年)に横浜に帰り、東海関東地区を伝道する。

1939年(昭和14年)に米国との関係悪化のめに、娘二人と共に帰国する。1951年(昭和26年)1月24日に米国で死去する。ベンチュラ第一メソジスト教会で葬儀が行われた。

参考文献[編集]

  • 米田勇『中田重治伝』中田重治伝刊行委員会、1959年
  • 今村鎮夫『ドレーパー』少年少女信仰偉人伝、1982年