ロバート・デイヴィッドスン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロバート・ヤング・デイヴィドスン
Robert Young Davidson
Robert Young Davidson.jpg
個人情報
出生 (1846-05-09) 1846年5月9日
イギリスの旗 イギリス
死去 (1909-03-11) 1909年3月11日(62歳没)
イギリスの旗 イギリスエディンバラ
墓所 イギリスの旗 イギリス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
両親 父:ピーター・デイヴィッドスン、母メリー
配偶者 キャロライン・E・エルドレッド
職業 宣教師
出身校 エディンバラ大学ニューコレジ

ロバート・ヤング・デイヴィドスン(Robert Young Davidson、1846年5月9日 - 1909年3月11日)は明治時代に来日した、スコットランド一致長老教会の宣教師である。

生涯[編集]

幼少期[編集]

1846年スコットランド一致長老教会牧師神学博士の父ピーター・デイヴィッドスン、母メリーの間に生まれた。高等学校を卒業後に会社事務員として働くが、後に牧師を志し、エディンバラ大学ニューコレジに進み、一致長老教会の神学校で学んだ。

日本宣教[編集]

1873年(明治6年)神学校卒業時に、海外伝道局の宣教師になり日本に派遣された。

H・フォールズT・A・パームと共にエディンバラの中心街のクイーン・ストリート・ホールで壮行会が行われた。航路で日本に向かい、1873年12月24日にフォールズ夫妻と一緒に神戸港に到着した。デイヴィッドスンはクリストファー・カロザースの経営する築地大学校の教師になる。日本語教師に播磨龍野藩出身の尾野重俊を雇った。尾野は1874年4月10日に洗礼を受けた。

その後で、旧沼津藩出身の三浦徹が日本語教師になり、デイヴィッドスンから洗礼を受けて、助手として働いた。

後にデイヴィッドスンは千葉県房総地方へ伝道旅行に出かけた。

デイヴィッドスンの伝道の結果、1877年(明治10年)12月8日に両国教会(現:日本基督教団永福町教会)が設立された。翌年、両国教会は日本基督一致教会東京中会に加入した。

1880年(明治13年)米国長老教会の女性宣教師キャロライン・E・エルドレッドと結婚する。

晩年[編集]

1890年(明治23年)スコットランド一致長老教会の日本宣教の打ち切りにより、1891年(明治24年)にスコットランドへ帰国する。1909年(明治42年)3月11日、エディンバラで死去。

参考文献[編集]

中島耕二辻直人大西晴樹『長老・改革教会来日宣教師辞典』新教出版社、2003年