押川方義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おしかわ まさよし
押川方義
Masayoshi Oshikawa.jpg
生誕 1850年1月17日
伊予国(愛媛県)松山
洗礼 1872年3月10日
死没 (1928-01-10) 1928年1月10日(76歳没)
職業 キリスト教宗教家牧師教育者政治家
宗教 キリスト教
配偶者 押川常子
子供 押川春浪(長男)
押川清(次男)
所属政党 革新倶楽部1922年11月から)

選挙区 愛媛郡部、愛媛1区(松山市
当選回数 2回
在任期間 1917年4月20日 - 1924年1月31日
テンプレートを表示

押川 方義(おしかわ まさよし、1850年1月17日嘉永2年12月5日[1] - 1928年昭和3年)1月10日は、日本人キリスト教宗教家教育者東北学院及び宮城学院の創立者。日韓同志組合代表者の一人[2]

長男は、冒険小説家の草分け押川春浪(本名、方存)。二男は、プロ野球の生みの親である押川清

生涯[編集]

生年[編集]

押川方義の生年に関しては諸説あったが、押川家の鎧櫃から「熊三郎[3]産髪包紙銘記 嘉永二年十二月五日出生 熊三郎産髪[4]と記された和紙が発見され(実際に産髪が包装されていた)、嘉永2年生まれ(グレゴリオ暦への換算では1850年)であることがほぼ確実となった。

初期[編集]

松山藩士橋本宅次の三男として生まれ、押川方至の養子となる。藩校の明教館で学んだ後、1869年(明治2年)「横浜英語学校」でキリスト教に触れ、1872年(明治5年)日本最初のプロテスタント教会である「日本基督公会」(現横浜海岸教会)にて宣教師J・H・バラより洗礼を受けた。すぐに、青年長老となり、バラ仮牧師と一緒に日本基督公会(現・日本キリスト教会横浜海岸教会)を組織する。(横浜バンド)

新潟時代[編集]

新潟伝道に従事していた宣教師T・A・パームの通訳雨森信成が通訳を辞めると、押川が代役に志願する。押川は1875年(明治8年)12月に新潟に到着し、翻訳通訳などパームの助手をする。途中で、石油開発のために新潟に来た吉田亀太郎の協力も得て宣教活動の結果、新潟教会東中通教会が形成される。[5]

1878年(明治11年)7月に東京築地の東京公会(新栄教会)第一回全国基督教信徒大親睦会に出席して、迫害の激しい新潟から来て、悲壮なる覚悟で城を枕に討ち死にするんだとの決心を表わした。

仙台時代[編集]

青年時代の押川方義

1880年(明治13年)に押川と吉田亀太郎が新潟大火災をきっかけに、宮城県への伝道のビジョンを持ち、パームの励ましのもと、9月6日に新潟を立ち、10月10日より北三番町木通り角屋敷に「基督教講義所」の看板を掲げて伝道を開始した。押川と亀田は風呂敷を背負って仙台市内を巡回して聖書販売と路傍伝道を行ったが、伝道は困難を極めた。1881年(明治14年)に押川は腸チフスを患い、三ヶ月療養生活をする。

1881年5月1日に、横山覚、伊藤悌三が押川から洗礼を受ける。これが、仙台日本基督教会(現・日本基督教団仙台東一番丁教会)の創立記念日になった。

吉田と押川は仙台に拠点をもったが、仙台と新潟を絶えず往復して、その途中にある福島と会津の伝道を行った。押川と吉田が福島で宿泊して一番大きな家から伝道を始めると、小此木信六郎が出てきて、彼らの伝道により直ぐ洗礼を志願して、洗礼を受けた。

第三回全国基督信徒大親睦会の幹部の記念写真

1883年(明治19年)5月に上京して、東京築地の新栄教会で開催された第三回全国基督教信徒大親睦会に出席する。横浜海岸教会で始まった明治のリバイバルの影響で熱狂的な集会になった。押川は仙台に打電して、「非常時来た、集まりて熱心に祈れ」と教会員に指令を出した。[6]

1885年の夏には福島県の鐸木三郎兵衛の紹介で、飯坂小学校を会場にキリスト教演説会が行われ、植村正久、押川方義、グイド・フルベッキなどが伝道の演説をした。1886年には、福島耶蘇教講義所(日本基督教団福島教会)が設立された。吉田亀太郎が初代牧師になった。[7]

教育者[編集]

このように東北地方を中心に伝道活動を続ける中で、1886年アメリカ人ドイツ改革派教会宣教師のウィリアム・E・ホーイとともにキリスト教伝道者育成を目的とした「仙台神学校(現・東北学院)」及び、女子教養教育の普及を目的とした「宮城女学校(現・宮城学院)」を創設した。1901年(明治34年)に仙台を離れた後も顧問として東北学院と終生関わりを持った。

また、1894年(明治27年)には朝鮮半島で日本語教育を行うことを目的とする大日本海外教育会を結成、さらに翌年には北海道同志教育会をおこし、湧別村に学田を設けたりもした。

山形時代[編集]

1886年(明治19年)には、山形県上山市で伝道を開始して、上山教会を設立、1887年(明治20年)には山形教会(日本基督教団山形六日町教会)、1888年(明治21年)には鶴岡教会(日本基督教団荘内教会)1990年には米沢教会(日本基督教団米沢中央教会)を設立した。[8]

政治家時代[編集]

親交のあった大隈重信からの勧めにより、1915年(大正4年)3月の第12回衆議院議員総選挙福島県郡部から出馬するも落選。1917年(大正6年)4月の第13回衆議院議員総選挙では愛媛県郡部から出馬して当選、さらに1920年(大正9年)5月の第14回衆議院議員総選挙では愛媛1区(松山市)に転じて当選。1922年11月に結成された革新倶楽部に加わり、犬養毅尾崎行雄島田三郎古島一雄中野正剛らと行動を共にした。

1928年、脳溢血のため[9]東京府大井町で死去。葬儀は青山斎場東北学院関係者によりキリスト教式で行われた。

脚注[編集]

  1. ^ 『東北学院百年史』 63-64頁
  2. ^ (90) 韓日同志組合에 관한 重要文書 押收件 續報 韓国史データベース
  3. ^ 熊三郎は方義の幼名である(『東北学院百年史』 65頁)。
  4. ^ 『東北学院百年史 資料編』 2頁
  5. ^ 守部(2009年),p71
  6. ^ 小野(1986年),p.78
  7. ^ 守部(2009年),p.32-p.33
  8. ^ 守部(2009年),p.29-p.30
  9. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)7頁

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 大塚栄三 『聖雄押川方義』 押川方義先生文書刊行会、1932年
  • 横田順彌会津信吾 『快男児 押川春浪』 パンリサーチインスティテュート、1987年
  • 中島耕二、辻直人、大西晴樹長 『長老・改革派来日宣教師辞典』 新教出版社、2003年
  • 中村敏 『日本キリスト教宣教史』 いのちのことば社、2009年
  • 東北学院百年史編纂委員会 『東北学院百年史』 学校法人東北学院、1989年
  • 東北学院百年史編纂委員会 『東北学院百年史 資料編』 学校法人東北学院、1990年
  • 学校法人東北学院 『東北学院の歴史』 河北新報出版センター、2017年 ISBN 978-4-87341-366-2

外部リンク[編集]