藤生金六

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ふじう きんろく
藤生 金六
生誕1859年8月31日
日本の旗 日本上野国山田郡大間々(現在の群馬県みどり市丹後国峰山藩
死没1859年8月31日(1859-08-31)(-48歳)
日本の旗 日本東京市牛込区東五軒町
国籍日本の旗 日本
職業教育者牧師新聞記者

藤生 金六(ふじう きんろく、1859年8月31日安政6年8月4日) - 1907年明治40年)7月13日)は、明治期の日本教育者牧師横浜バンドのメンバーである。

生涯[編集]

初期[編集]

上野国山田郡大間々(現在の群馬県みどり市)生まれ。1874年(明治7年)に神奈川県横浜市にあった洋学校修文館」で学び、1875年(明治8年)より、高島学校、東京語学校で学ぶ。

ブラウン塾 [編集]

1874年秋よりブラウン塾で学びはじめ、S・R・ブラウンヘンリー・ルーミスエドワード・ローゼイ・ミラーより神学と哲学を学ぶ。1877年(明治10年)7月にブラウン塾を卒業して、東京一致神学校で学ぶ。

役人・教育者[編集]

1879年(明治12年)5月から農商業に従事する。1883年(明治16年)に上野新報商議委員と主任記者になる。1884年(明治17年)より横浜ヘラルド新聞の記者になる。

1885年(明治18年)より仙台神学校の教授になり、1888年(明治21年)より荘内私立中学校(現在の山形県立鶴岡南高等学校)の初代校長を務める[1][2]1890年(明治23年)より仙台の宮城女学校(宮城学院)の幹事になる。

牧師時代[編集]

1894年(明治37年)8月、日本基督教会宮城中会による会津伝道のために会津若松に赴任し、北小路町に講義所を開設(のちの若松栄町教会[3]。伝道の傍ら開いていた英語塾には野口英世(当時の名は野口清作)も通っていた[3]。1895年4月、野口英世は藤生金六から受洗している[3]。1897年、病気のために退任した[3]

1894年2月より[4]東京の第二中会の下谷教会(現、日本基督教団豊島岡教会)牧師に迎えられる。また、新栄教会での日本基督教会大会議長を務め、田村直臣の『日本の花嫁』事件の弾劾動議を採択した。

半年後、1894年(明治37年)8月に会津若松に赴任し、若松栄町教会の創設にあたる。[5]1897年に会津若松教会を辞任し東京に戻る。

1907年(明治40年)東京市牛込区東五軒町で急逝した。

脚注[編集]

  1. ^ 郷土の先人・先覚115 《五十嵐 喜広》”. 荘内日報社. 2014年6月25日閲覧。
  2. ^ 郷土の先人・先覚59 《白井 久井》”. 荘内日報社. 2014年6月25日閲覧。
  3. ^ a b c d 日本基督教団若松栄町教会100年のあらまし”. 日本基督教団若松栄町教会. 2014年6月25日閲覧。
  4. ^ 『日本キリスト教歴史大事典』P.1215
  5. ^ 『日本キリスト教歴史大事典』P.1215

参考文献[編集]

  • 『日本キリスト教歴史大事典』教文館、1988年
  • 高橋昌郎『明治のキリスト教』吉川弘文館、2003年

外部リンク[編集]