高橋昌郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高橋 昌郎(たかはし まさお、1921年3月13日 - )は日本の歴史学者。日本近代史専攻。

来歴[編集]

1921年群馬県高崎市に生まれる。1946年9月東京大学文学部国史学科を卒業する。1974年から1991年まで清泉女子大学の教授を務める。日本プロテスタント史研究会の世話人を務め、また3年間牧師を務めた[1]

著書[編集]

  • 『島田三郎』基督教史学会、1954年
  • 『人物叢書 中村敬宇』吉川弘文館、1966年
  • 『日本歴史全集15 近代国家への道』講談社、1969年
  • 『文明開化』評論社、1972年
  • 『福沢諭吉』清水書院、1978年
  • 『人物叢書 西村茂樹』吉川弘文館、1987年
  • 『日本プロテスタント史の諸相』(編者)聖学院大学出版会、1995年
  • 『明治のキリスト教』吉川弘文館、2003年

脚注[編集]

  1. ^ 高橋昌郎(2003年)298頁

参考文献[編集]

  • 高橋昌郎著『明治のキリスト教』吉川弘文館、2003年