高橋昌郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高橋 昌郎(たかはし まさお、1921年3月13日 - 2016年11月4日[1])は、日本の歴史学者。元清泉女子大学教授。日本近代史専攻。

来歴[編集]

1921年群馬県高崎市に生まれる。1946年9月東京帝国大学文学部国史学科を卒業する。東京都立北園高等学校教諭を経て、1974年から1991年まで清泉女子大学の教授を務める。日本プロテスタント史研究会の世話人を務め、また3年間牧師を務めた[2]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代物故者事典 2018~2020』(日外アソシエーツ、2021年)p827
  2. ^ 高橋昌郎(2003年)298頁

参考文献[編集]

  • 高橋昌郎著『明治のキリスト教』吉川弘文館、2003年