肥田春充

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

肥田 春充(ひだ はるみち、1883年12月25日 - 1956年8月24日)は、日本肥田式強健術の創始者。思想家、著述家、体育家、哲学者などとして活躍。

人物[編集]

山梨県南都留郡桂村小沼(現・西桂町小沼)において、医師川合立玄(はるつね)の五男として生をうける。幼少期は病弱な上痩せ細っていたため、「茅棒」のあだ名がつけられ、2度死の宣告を受ける程の虚弱児であった。数え年18歳にして心身改造に志し、古今東西の健康法、運動法を研究実践し、西洋のウエイトトレーニング等に東洋の丹田鍛錬、氣合等を取り入れた独自の心身鍛錬法、川合式強健術(後の、肥田式強健術)を編み出す。この鍛錬は、腹のみに力を入れる丹田鍛錬、腹力をさらに押進め、腰と腹に同量の力を込め、腰腹の中心に力を込めて「腰腹同量の正中心」を鍛錬する所にその大きな特徴がある。その鍛錬によりわずか2年で、体格改造に成功。さらに体力ばかりでなく頭脳も飛躍的に向上し、中央大学法科・明治大学政治科・明治大学商科・早稲田大学文学科の三大学四学科に入学する。在学中は、各大学の剣道、柔道、弓道等の選手となり、明治大学では初めて柔道部を創設し、初代キャプテンとなる。

大学卒業後、処女作『実験 簡易強健術』を出版、強健術を世に問う。この本はベストセラーとなり、世に強健術ブームを巻き起こす。その数ヶ月後、志願兵として近衛歩兵第4連隊に入隊、主計中尉となる。ここでも強健術の研鑚を欠かさず、椅子に腰掛けたままで行える「椅子運動法」等を考案する。

その後1917年(大正6年)、肥田家の婿養子となり、静岡県田方郡対島村八幡野(現・伊東市八幡野)に住み、ここで強健術の鍛錬に没頭するとともに、恩師押川方義らと共に国事に奔走する。1923年(大正12年)に、腰腹同量の聖中心力を悟得してからは精神的な悟境もいよいよ深くなり、の高僧からもその境地を認められる。またそれまで研究していた、自然療法を「天真療法」として大成させ、自身の半生と悟境を綴った主著『聖中心道 肥田式強健術』と合冊で発表する。この本において、中心力を応用した独自の「中心力抜刀術」や「中心力護身術」「中心力雄弁法」「中心練磨法」等を発表している。

太平洋戦争前夜にはこれを回避すべく大川周明などと協力し、私財を擲って奔走した。戦中には憂国の念止み難く、東條英機に終戦勧告を二度に渡って書き、自決の覚悟をするも、自身の悟境より見た「世界人類の救済」との悲願を樹てることにより、死を思い止まる。その後は、人類救済のための宗教哲学の研究に没頭し、この研究を「宇宙大学」と呼ぶ。この時の原稿は積むと人の背丈程にもなり、その一部は死後『宇宙倫理の書』として出版される。

晩年の1955年(昭和30年)には、社団法人「聖中心社」を設立し、多年研究の宗教哲学に基づく平和運動を展開するも、その設立後一年にも満たない1956年(昭和31年)8月24日、人類の前途を憂うる余り、水も取らない49日間の断食の後死去。72歳没。

生涯を通じて多数の政治家軍人学者文人などと親交があり、様々な影響を与えている。主な親交があった人物として、押川方義松村介石新井奥邃二木謙三加藤時次郎、佐藤精一、中里介山徳富蘇峰村井弦斎大川周明蓮沼門三、山下信義らがあげられる。また、実兄 川合信水(山月)(1867 - 1962)は、郡是製糸株式会社に教育部を創設し、後に基督心宗を創始した宗教家、教育家である。

略年譜[編集]

  • 1883年(明治16年)12月25日 山梨県南都留郡桂村小沼において、川合家の五男として誕生
  • 1888年(明治21年) 重症の麻疹にかかり、2度死の宣告を受けるも一命を取り留める
  • 1900年(明治33年)4月 心身の根本的改造に志し、古今東西の健康法、体育法を研究実践し、独自の鍛錬法を創出する
  • 1902年(明治35年)4月 2年間の鍛錬により筋骨隆々となり、中学に入学する
  • 1907年(明治40年)9月 中央大学法科、明治大学政治科、商科、早稲田大学文学科へ入学
  • 1910年(明治43年)三大学、四学科を卒業
  • 1911年(明治44年)4月 処女作『実験 簡易強健術』文栄閣 刊行 大ベストセラーとなり、各地公官庁、学校にて講演会が数多く開催される 11月 『腹力体育法』文栄閣 刊行 12月 近衛歩兵第四連隊に入営
  • 1913年(大正2年)5月 退営 この年、「二六新報」に強健術の連載を行う
  • 1914年(大正3年)3月 『心身強健術』武侠世界社 刊行
  • 1915年(大正4年)1月 父 立玄死去
  • 1916年(大正5年)8月 『強い身体を造る法』武侠世界社 刊行
  • 1917年(大正6年)2月 静岡県田方郡対島村八幡野の肥田家の婿養子となる
  • 1918年(大正7年)8月 『心身強健体格改造法』 尚文堂 刊行
  • 1920年(大正9年)6月 『強圧微動術』 尚文堂 刊行
  • 1923年(大正12年)1月 『独特なる胃腸の強健法』 尚文堂 刊行 6月 「聖中心力」を悟得し、肥田式強健術がほぼ完成する
  • 1924年(大正13年)9月 講演集『この大獅子吼を聴け』 尚文堂 刊行
  • 1925年(大正14年)10月 『健康の中心を強くする法』尚文社 刊行『川合式強健術』 尚文社 刊行
  • 1927年(昭和2年)4月 『根本的健脳法』 尚文堂 刊行
  • 1936年(昭和11年)10月 『聖中心道 肥田式強健術・天真療法』 聖中心道研究会 刊行
  • 1937年(昭和12年)3月 『講演及び随筆』 聖中心道研究会 刊行 7月 平田内蔵吉との共著『国民体育』 春陽堂 刊行
  • 1938年(昭和13年)2月 平田内蔵吉との共著『国民医術天真法』 春陽堂 刊行
  • 1939年(昭和14年) この頃より、1941年にかけて、日米戦回避のために大川周明らと奔走する
  • 1940年(昭和15年)9月 谷村金一との共著『生は死よりも強し(簡易治療宝典)』 大日本健康増進協会出版部 刊行
  • 1943年(昭和18年) 憂国のあまり、一日として怠らなかった「正中心練磨」の鍛錬を自発的に放棄し、痩せ衰える 10月 東条英機に終戦勧告を書き送る
  • 1944年(昭和19年)2月 東条英機に自決勧告の遺書を書き、自決直前に思い止まる、この時より放棄していた「正中心練磨」を再開し健康を回復する
  • 1946年(昭和21年)4月 深夜連続の「人類救済」のための真の宗教、哲学、科学の学的、体験的研究をはじめる(この研究を「宇宙大学」と呼ぶ)
  • 1952年(昭和27年)3月 『日本の使命』 信修行道(株) 刊行
  • 1955年(昭和30年)10月 肥田通夫との共著『一分間の強健法』 全国農業出版KK 刊行 11月 社団法人「聖中心社」創設
  • 1956年(昭和31年)8月24日 人類の将来を憂い、水もほとんど摂取しない49日間の完全断食の果て、死去

エピソード[編集]

  • 竹内流免許を6ヶ月で取得した。(『一分間の強健法』P19)
  • 剣道の突きで、20貫(75kg)はある大男を、5~6間(9~11m)は吹き飛ばした。(『一分間の強健法』P20)
  • 運動場を10周すると、2位に1週分の差をつけて更に追い越した1位になった。(『一分間の強健法』P20)
  • 学校での教科は国語、漢文、法政経済を得意としており10~15分で試験の答案を書き上げたが、100点以外はとったことがなかった。(『一分間の強健法』P22)
  • 杉の八分板を足の形に踏み抜いた。(『一分間の強健法』P31)
  • 板の太い根元をかかとの形を残してへし折った。(『一分間の強健法』P31)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]