呼吸法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

呼吸法(こきゅうほう)とは、呼吸)のしかた、またその技術体系やそれを用いた訓練法などのこと。

呼吸法とは、(呼吸)のしかたのことや、その技術体系やそれを用いた訓練法などのことであり、身体の機能を向上させることを目指すもの、心の働きを活発化させるもの、心の落ち着きをもたらすことを目指すもの、心身全体の調和をもたらすことを目指すもの、等々がある。

ヨーガプラーナーヤーマに対するバンダや、内丹術の武息・文息など、また気功においても、行法の基本となる重要なものである。また仏教においても修行される。武道格闘技スポーツにもしばしば独特の呼吸(法)がある(空手道サンチンなどの型や、長時間行われるプロレスマラソンなど)。

また、声楽においても、良い歌唱を行うための歌唱法の体系の一部として重視されている。


腹式呼吸と胸式呼吸。横隔膜の使い方。
  • 腹式呼吸 - 息を吐くときにお腹を引っ込め(意図的に横隔膜を押し上げ)、吸うときにお腹を膨らませる(横隔膜を下げる)。「深い呼吸」で、肺に出入りする空気の量が多い呼吸法。イメージとしては、(空気は肺に出入りしているが)あたかもお腹に空気が出入りしていると想像して行ってもよい。普段、人が無意識にしてしまう胸まわりばかりが膨らんだりしぼんだりする呼吸を「胸式呼吸」として、それとの対比で「腹式呼吸」と呼んでいる。
  • 胸式呼吸 - 胸まわりばかりが膨らんだりしぼむ(そして、あたりだけがかすかに上下する)呼吸で、横隔膜の動きがほとんど無い呼吸。いわゆる「浅い呼吸」で、腹式呼吸と比べて、出入りする空気の量(呼気と吐気の量)が少ない。人は(特に、運動習慣の足りない女性など)呼吸の訓練が足りない人は、特に意識しないで呼吸をしていると、この「胸式呼吸」ばかりになりがちで、気付かないうちにしばしば酸素を体内に十分にとりこめていない状態に陥っている。(※気功やヨーガ等では「逆腹式呼吸」と呼ばれることもある)
  • 密息 - 腹をある程度膨らましたまま腹を動かさず、横隔膜を動かし呼吸をする。息を溜めるのが早い。
鼻と口の使い分け

吸う息を、鼻から吸うのか、口から吸うのか、また息を吐く時にどこから吐くのか、ということにも着目される。さまざまな呼吸法で、一般的には、意識的に鼻から吸うことが勧められる。吐く息については、多くの呼吸法で、口からゆっくりと吐くことが説かれる。

例外的に、吸う息も吐く息も、鼻から行う呼吸法がある。

  • 片鼻呼吸 - 片一方の鼻の穴をふさいで息を吸い込み、鼻の両穴をふさいで息を止めた後、もう一方の鼻から息を吐き出す。

さまざまな呼吸法の体系(流派)[編集]

関連書[編集]

  • 『西野流呼吸法』講談社1987年10月初版
  • 『大法輪:特集心と体を整える仏教の呼吸法』 大法輪閣、2006年3月号。
  • 『脳がめざめる呼吸術 』幻冬舎新書2009年3月
  • 『できるビジネスマンのための集中力アップ呼吸法』洋泉社2011年9月

関連項目[編集]

外部リンク[編集]