日韓同志組合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日韓同志組合(にっかんどうしくみあい)は、1905年前後に存在した、大韓帝国のスパイ組織[1]

代表者[編集]

概要[編集]

1894年、金玉均暗殺計画に李逸稙の関与が疑われていた。

1904年の長森事件において、日韓同志組合のメンバーは、長森藤吉郎と対立した[2]。その背後には、米国エクヰテブル生命保険会社が居たとされる[2]

1905年3月、韓国駐箚軍憲兵隊が李逸稙を治安妨害であると認定して拘留調査し[3]、秘密探偵の密勅を含む重要書類を押収した[1]とされる。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g (90) 韓日同志組合에 관한 重要文書 押收件 續報 韓国史データベース
  2. ^ a b コメント3 「近代東アジア土地調査事業研究」第三回ワークショップコメント 江夏由樹 2009年3月
  3. ^ (8) 李世稙 治安妨害로 拘留調査 件 韓国史データベース