承政院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
承政院
各種表記
ハングル 승정원
漢字 承政院
発音 スンジョンウォン
日本語読み: しょうせいいん
テンプレートを表示

承政院(スンジョンウォン)は、李氏朝鮮における王命の伝達と臣下の上奏の報告を王に行う官庁である。

1400年定宗2年)承政院が設立。1401年太宗元年)に承枢院に改名する。1405年(太宗5年)一時的に兵曹に統合されるが、また独立して承政院とした。1894年甲午改革で承宣院と改名する。

概要[編集]

[1] 王命の伝達と履行の報告を王に行う部署で、秘書室に当たる。 承政院の中核である正三品の六承旨は、都承旨が吏曹、左承旨が戸曹、右承旨が礼曹、左副承旨が兵曹、右副承旨が刑曹、同副承旨が工曹をそれぞれ担当したが、各人の能力によって、業務を柔軟に変更したりもした。

承旨の品階は正三品であったが、従二品の者が承旨になることが多かった。承旨は彼らの担当業務の他にも他機関の役職を兼任する経筵参賛官、春秋館修撰官を兼任するのが慣例であり都承旨は弘文館礼文館の直提学を兼任して知製教(王が下す教書の草案作成を担当する官職)となり、尚瑞院正を兼任した。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]