捕盗庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
捕盗庁
Joseon Traditional-Style Policeman.JPG
捕盗庁の長官・捕盗大将
各種表記
ハングル 포도청
漢字 捕盜廳
発音 ポドチョン
日本語読み: ほとうちょう
テンプレートを表示

捕盗庁(ポドチョン/ほとうちょう,ハングル:포도청)とは、李氏朝鮮成宗代から 中宗代にかけて創設された、漢城府及び京畿道警察業務を担当する部署。現在の日本の警視庁に相当する。略して「捕庁」とも呼ぶ。

記録上の最古の記事は1540年のものであるが、1471年捕盗将と呼ばれる官職が置かれ、1481年には「捕盗事目」という法律が制定され捕盗将の定員が2名と定められていることから、これを前身と見る考え方が有力である。

左捕盗庁(チャポドチョン)と右捕盗庁(ウポドチョン)に分かれており、それぞれに従二品官の大将(テジャン)1名、従六品官の従事官(チョンサガン)2-3名、部将(プジャン)3-4名などの役人がいた。1894年警務庁創設で消滅した。

また、他の朝鮮王国の中央官庁と同じく茶母(タモ/ダモ)(ko)という下働きの女性(官婢)がおり、日本でも放送された韓国ドラマ『チェオクの剣』はこの茶母を主人公としている。

従二品官の大将(テジャン)1名
従六品官の従事官(チョンサガン)2-3名
部将(プジャン)3-4名

関連項目[編集]