刑曹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
刑曹
各種表記
ハングル 형조    
漢字 刑曹    
発音 ヒョンジョ   
日本語読み: けいそう

刑曹(ヒョンジョ)は、朝鮮において、高麗末から李氏朝鮮にかけて置かれた行政機関。国家の司法、刑罰に関連した部分を管轄していた。正二品衙門。1392年太祖元年)に光化門の南に設置され、1894年高宗31年)の甲午改革で法務衙門に改称された。犯罪者に対する刑罰決定、重罪を犯した者に対する覆審、囚人と奴隷の管理などを担当。 現在の法務部に相当する。

構成[編集]

品階 官職 定員 備考
正2品 判書 1名
従2品 参判 1名
正3品 参議 1名
正5品 正郎 3名
正6品 佳郎 3名
従6品 律学教授
別提
1名
2名
従7品 明律 1名
従8品 審律 2名
正9品 律学訓導 1名
従9品 検律 2名

配下[編集]