内需司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
内需司
各種表記
ハングル 내수사
漢字 內需司
発音 ネスサ
日本語読み: ないじゅし
テンプレートを表示

内需司(ネスサ、ないじゅし)とは、李氏朝鮮の宮殿用の米穀、布木(麻布木綿)、雑品、奴婢などに関する管理事務を取り扱う役所

概要[編集]

宮殿用の米穀、麻布や木綿(布木)、雑品、奴婢などに関する事務を担当した。なお、宮殿内の米穀の供給は内資寺、宮殿内倉庫の米穀の供給は司䆃寺、奴婢の簿籍は掌隸司の担当であった。

傘下の長利所は農民向けの高利貸し業を担当し、50%の利子(長利は年五の利子のこと)で貸付を行った。成宗の治世中に560ヶ所の長利所を235ヶ所に縮小した。

構成[編集]

  • 典需 - 正五品
  • 別坐 - 正五品
  • 別坐 - 従五品
  • 別提 - 正六品
  • 副典需 - 従六品
  • 別提 - 従六品
  • 典会 - 従七品
  • 典穀 - 従八品
  • 典貨 - 従九品

内需司が登場する作品[編集]

出典[編集]

http://www.geocities.co.jp/nkks437758/chohsenkanshokuhyoh.html