恵民署

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
恵民署
各種表記
ハングル 혜민서
漢字 惠民署
発音 ヘミンソ
日本語読み: けいみんしょ
テンプレートを表示

恵民署(ヘミンソ)は、朝鮮王朝時代に設置された官庁・医療施設病院)。一般庶民の病気治療や、薬剤の調合・販売を目的とした。従六品衙門。

制度[編集]

1392年(太祖元年)、高麗の制度を継承して恵民庫局が設置された。1414年(太宗14年)に恵民局と名を改めたのち、1466年世祖12年)に恵民署に改称された。1882年高宗19年)に廃止された。

官員は、他官が兼任する提調1名、主簿・医学教授・直長・奉事・医学訓導各1名と、賛奉4名が置かれた。そのうち採用試験の最高得点者と、直長以上の官員の中の1名が久任員であり、そのほかは遞兒職であった。

恵民署は活人署 (ko:활인서と同様、王の恵沢を庶民に施すという趣旨の機関であったが、「恵沢」が及ぶのは漢陽付近の民衆のみという限界があった。恵民署と活人署を併せて「両医司 (ko:양의사」とも称した。

恵民署の他にも、内医院 (ko:내의원(宮中の医療施設)・典医監 (ko:전의감(医者の選抜・教育や薬剤の管理など)という官署が設置されている。これら三つの医療官署を合わせて「三医司 (ko:삼의사という。

構成[編集]

官位 官職 定数 備考
従一品
正二品
従二品
提調 2人 このうちの一人は他の官職を兼任
従六品 主簿 2人
従六品 医学教授 1人 経国大典では、さらに一人増員
従七品 直長 1人
従八品 奉事 1人
正九品 医学訓導 1人
従九品 参奉 4人
  • 吏曹の書史(서리)2人付属。続六典で恵民署の書史を書院(서원)に降格させ1人になった。
  • 医女が31人いた。医女は八道(地方)の邑婢(읍비)から秀麗なものを選んだ。

関連項目[編集]