辛未洋擾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
辛未洋擾
Ganghwa 3-edit.jpg
徳津鎮攻略を喜ぶ米将兵
各種表記
ハングル 신미양요
漢字 辛未洋擾
発音 シンミヤンヨ
日本語読み: しんみようじょう
ローマ字 Sinmiyangyo
テンプレートを表示

辛未洋擾 [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] (しんみようじょう、신미양요、シンミヤンヨ)とは、ジェネラル・シャーマン号事件を発端として1871年明治4年)に起きた、朝鮮国軍によるアメリカ艦隊の測量船への奇襲に端を発した交戦である。辛未については干支による紀年法を参照。

発端[編集]

1866年、朝鮮国による奇襲事件であるジェネラル・シャーマン号事件により、商船シャーマン号が沈没し乗組員全員が虐殺される。

1867年1月、アメリカはシャーマン号の乗組員の安否を確認するために軍艦ワチュセット (USS Wachusett) を派遣し[8]、翌1868年4月には事件の究明のため軍艦シェナンドア (USS Shenandoah) を派遣した[8]

1871年に駐在していたアメリカ公使のフレドリック・ロー英語版は、シャーマン号事件への謝罪と通商を求めてアジア艦隊に朝鮮派遣を命じた[7]。同年4月、アメリカのアジア艦隊司令官ジョン・ロジャーズ (John Rodgers) は日本長崎で艦隊を編成した[9]。同年5月にロジャーズは旗艦コロラド (USS Colorado)、アラスカ (USS Alaska)、パロス (USS Palos)、モノカシー (USS Monocacy)、ベニシア (USS Benicia) の5隻からなる艦隊を率いて江華島に向かった[2]

襲撃[編集]

1871年6月10日、米軍は江華島の草芝鎮韓国語版と、次いで徳津鎮韓国語版を襲撃した。激しい砲撃戦を経て、アジア艦隊は海兵隊を上陸させることに成功し、草芝鎮と徳津鎮を、さらに6月11日には広城鎮を制圧した[2]。この戦闘で朝鮮軍は240名以上の戦死者をだすこととなった[10]

事後[編集]

朝鮮側の攻撃は、ほとんど米艦隊に損害を与えることができなかった。米軍の攻撃により朝鮮国軍は240名以上の戦死者を出すこととなった。米軍は、朝鮮国軍の多数の武器・軍旗を戦利品にして、帰投。戦利品として米海軍士官学校博物館所有の「帥字旗」がある[10]。この戦いは米海軍の勝利であったが、本来の目的である通商は大院君の強硬な開国拒絶により実現せず、朝鮮国は引き続き鎖国を続けた。

なお、この艦隊に同行していた写真家フェリーチェ・ベアトが撮影した写真は、朝鮮の風物を捉えた現存する最も初期の写真となった[11]

2007年には帥字旗が韓国に貸与され、韓国内で最長10年間展示されることとなった[12]

画像[編集]

現在の廣城堡[編集]

1976年、韓国政府は廣城堡 (グァンソンボ、광성보) など江華島の戦跡を復元・修復した。[13]


脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 武田幸男 『朝鮮史』 山川出版社、東京、2000年8月25日ISBN 978-4634413207
  • 朴永圭 『朝鮮王朝実録 【改訂版】』 神田聡 (翻訳)、尹淑姫 (翻訳)、キネマ旬報社、東京、2012年3月14日ISBN 978-4873763910
  • 『世界大百科事典 改訂新版』29、下中直人、加藤周一、伊藤正男、今西錦司、宇沢弘文、梅棹忠夫、江上波夫、桑原武夫、小谷正雄、西郷信綱、平凡社、東京、2007年9月1日ISBN 9784582034004

関連項目[編集]

外部リンク[編集]