絶影島問題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

絶影島問題 (ぜつえいとうもんだい)とは、1898年1月21日に、ロシア軍艦が入港し、絶影島にある日本人荒木嘉作の所有地に勝手に松や杉などの苗を植え付け[1]、貯炭庫を設置しようとした[1]問題である。絶影島貯炭庫設置問題ともいう。

前史[編集]

日本は貯炭庫を設けるため、韓国に対し、1886年に絶影島地所借入約書 (租借絶影島地基約単)を、1891年に月尾島地所借入約書 (租借月尾島地基約単)を結んでいた[2]

1889年、ロシア公使のカール・イバノビッチ・ヴェーバーは、元山及び絶影島に貯炭所を設置しようと交渉していたが、朝鮮および中国の反対によって失敗していた。

原因[編集]

当時、大韓帝国の外務大臣であった露国派の閔種黙が、独断でロシアに借入を許容した[3]とされる。

その後[編集]

1900年3月、ロシア公使のアレクサンドル・パヴロフは韓国と馬山浦地所租借に関する約書を結んだものの、日本人が先回りして土地を買収したため失敗した[4]。その後、ロシアが巨済島を狙っているという風評が流れたため、ロシアは韓国と巨済島不租借に関する露韓条約を結び、巨済島に興味の無いことを表明した[5]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 露國의 絶影島 貯炭庫 設置問題 一件書類 韓国史データベース
  2. ^ 韓国条約類纂 附・各国関税対照表』P.927-929 統監府 1908年12月
  3. ^ 訂正日露戰史 P.24 国分種徳、梅田又次郎、田山花袋 1907年
  4. ^ 太平洋二千六百年史』P.483-484 海軍有終会 1943年8月
  5. ^ 東亜関係特種条約彙纂』P.752-753 東亜同文会 1904年