兪吉濬陰謀事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

兪吉濬陰謀事件とは、1902年、兪吉濬を中心に陸軍士官学校卒業の韓国人で結成された革命一心会の構成員が軍政革新の陰謀を企て、それが露見し逮捕・処刑された事件[1][2]兪吉濬事件革命一心会事件ともいう[1]

兪吉濬は通貨偽造に反対していたと供述している[3]が、金亨變の回顧録によれば、兪吉濬が徐相集(徐相潗)や仁川監理の河相驥に白銅貨の偽造を行わせていたとされる[1]

参考文献[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 資料紹介 韓国侍従武官からみた日本の韓国併合 : 『魚潭少将回顧録』より「韓国末期の外交秘話」 藤村道生 1973年
  2. ^ (260) 亡命韓人ノ渡來幷ニ其言動ニ就テ (金寬鉉의 渡日後 動靜) 韓国史データベース 1902年6月12日
  3. ^ 機密送第三七號 兪吉濬ノ陰謀ニ關スル件 韓国史データベース 1902年5月13日