漢城旬報

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
漢城旬報
Hanseong Sunbo 漢城旬報第一號.jpg
各種表記
ハングル 한성순보
漢字 漢城旬報
発音 ハンソンスンボ
日本語読み: かんじょうじゅんぽう
テンプレートを表示

漢城旬報(かんじょうじゅんぽう)は、1883年10月30日に創刊された朝鮮で最初の近代的新聞。政府の機関である「博文局」が発行した。1886年1月25日に創刊された『漢城周報』は、『漢城旬報』の後継紙にあたる。

概要[編集]

10日に1度発行され、全て漢文で書かれていた。記事の内容は、官報、国内私報(社会面)、各国近事(外信)、市直探報(物価情報)などだった。1392年を紀元とする朝鮮開国年号を使っていた。1884年12月に甲申政変で博文局が焼けて、漢城旬報は廃刊となった。全36号が発行された。

発行に至る経緯[編集]

1882年10月、壬午事変後に締結された済物浦条約の公式な修信使として朴泳孝らが訪日した[1]朴泳孝ら一行は、外務卿井上馨に朝鮮の借款や訪日費用等について相談する一方で、朝鮮改革を唱えていた福澤諭吉とも会見、福澤が朝鮮の独立と啓蒙の為に教育(留学)と新聞の発刊を提案、朴も借款の一部を啓蒙や教育に利用することに同意した。これにより新聞が発刊されることになり、後に徐載弼ら数十名も慶應義塾士官学校へ留学する運びとなった[2]。 発刊準備に手を貸した福澤は、新聞編集者として牛場卓蔵、高橋正信、印刷工の三輪広蔵、真田謙蔵等を紹介し、牛場らが雇い入れられた[3]

帰国した朴は1883年1月に漢城判尹(現在のソウル市長)に任命されると、新聞発行のための行動を始め、1883年2月には朝鮮国王から新聞発行の許可が下りた。しかし1883年4月、朴泳孝は朝鮮保守派からの反発から漢城判尹から解任され、新聞も「政治改良」を訴える計画だったことで、新聞発行計画は一時頓挫し、雇用されていた日本人印刷工と途中から新聞発行計画に参加していた福澤門下の井上角五郎以外の日本人は、全員日本へ帰国することとなった。

朝鮮に残った井上は、朴泳孝の副官として訪日したことのある金晩穂の紹介により、金允植と知り合い、允植は閔氏一族と繋がりのある保守派でありながら、開化派に近い思想も持っていたため、井上は允植に新聞発行のための斡旋を願い、允植の求めに応じて計画案を作成していった。当初は、ハングルも使用する予定であったが、漢文を「真書」とする保守勢力への妥協から、漢文を使用することとなった。

1883年8月には日本から印刷機と新聞用紙を購入して近代的印刷設備を整えた「博文局」が設置されることになり、ここに井上は翻訳・編集の実務責任者として、三輪、真田が印刷工として採用され(他に朝鮮人も含めて計7名前後)、1883年10月30日、博文局から『漢城旬報』第1号が発行されるに至った。 新聞発行計画の実務は日本の留学から帰国した兪吉濬が担当した。

福澤の諺文活字[編集]

福澤諭吉は新聞に諺文(ハングル)使用を望んでいたことから、自ら平野富二の築地活版所に諺文活字を注文し準備をしていたが、新聞が漢文となったことから、それが使用されることはなかった[4]。しかし福澤がこの際に造ったハングル活字は、「漢城旬報」の後継である初のハングル使用の新聞である「漢城周報」で使用されることになる。

注釈[編集]

  1. ^ 明治15年10月19日、花房と同船して済物浦条約履行のために訪日した修信使は、朴泳孝(正史)、金晩植(副使)、徐光範(従事官)である。また、視察目的で閔泳翊、金玉均が随行している。
  2. ^ 朴定陽が視察のために来日した前年(1881年)に、福澤からの提案で兪吉濬など23名が日本へ留学している。
  3. ^ 軍事訓練所をつくりたいとの朝鮮側の意向により、このとき松尾三代太郎、原田一も雇用されている。
  4. ^ 諺文活字は上流階級に不評であるとの朝鮮側の意見により中止となる(井上、5頁)

参考サイト・出典[編集]

関連項目[編集]