長崎事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

長崎事件(ながさきじけん)とは、1886年明治19年)8月長崎に来航した清国北洋艦隊水兵が起こした暴動事件。長崎清国水兵事件とも呼ぶ。

長崎港(1893年)

北洋艦隊の朝鮮出動[編集]

1886年7月、清国の北洋艦隊は朝鮮東岸の元山に出動した。これは朝鮮問題をめぐり当時清と対立していたロシアを威嚇するためであった。この出動の帰路に艦隊は長崎に寄港するのだが、長崎寄港の目的自体は、燃料の補給及び北洋艦隊の主力である定遠級戦艦の修理にあった。特に定遠級は当時修理が必要な段階に来ていたが、当時の東アジアには、巨大な定遠級を受け入れられるドックが長崎にしかなかったのである[1]

事件発生[編集]

定遠
鎮遠

1886年(明治19年)8月1日、清国海軍北洋艦隊のうち定遠鎮遠済遠威遠の四隻の軍艦長崎港に入港した[2]

8月13日、500人からなる清国水兵が勝手に上陸を開始。遊廓で登楼の順番をめぐる行き違いから、備品を壊したり暴行を働くなどのトラブルが起こり、長崎市内をのし回り、商店に押し入って金品を強奪。泥酔の上、市内で暴れまわり婦女子を追いかけまわすなど乱暴狼藉の限りを尽くす[要出典]長崎県警察部警察官が鎮圧に向かった。そして警察官と清国水兵が双方抜して市街戦に発展、斬り合いの結果、双方とも80数人の死傷者を出し、水兵は逮捕された。水兵は骨董店などで購入した日本刀を武器として用いた[3]。これを契機に不穏な空気が漲るようになった。

8月14日長崎県知事日下義雄と、清国領事館蔡軒の会談で、清国側は集団での水兵の上陸を禁止し、又上陸を許すときは監督士官を付き添わすことを協定した。

8月15日、前日の協定に反し、午後1時頃より300名の水兵が上陸。棍棒を持つ者もあり、また、刀剣を購入する者も少なくなかった。清国水兵数人が交番の前でわざと放尿し交番の巡査が注意すると、彼らはその巡査を袋叩きにした。300人の清国兵が3人の巡査によってたかって暴行し、1人が死亡した。これを見ていた人力車車夫が激昂し、清国水兵に殴りかかった。すると、清国水兵の一団が加勢し大乱闘となった[要出典]。そして、止めに入った警察官と清国水兵がまたも斬り合う事態に発展し、それぞれ死傷者を出す(清国人士官1人死亡、3名負傷。清国人水兵3名死亡、50人余りが負傷。日本人側も警部3名負傷、巡査2名が死亡、16名が負傷。日本人住民も十数名が負傷)という大事件となった。

事件の処理[編集]

事件後、日清両国は長崎においては英仏人弁護士の加わった会弁委員会で、また東京では井上馨外相徐承祖駐日公使により交渉が行われ、最終的には英独などの斡旋を経て妥結した。その内容は事件の当事者については所属国の法律により処分、また撫恤料として日本からは52500円、清国から15500円を支出するというものであった[4]

また当時の日本の開港地では治外法権があったため、長崎事件の再発を防ぐために日清両国は相互の軍艦往来について規則を定め、両国の軍艦が相手国を訪問する際は相手国側の規則に従う事、また上陸する士卒の制限を定めた[5]

その後[編集]

北洋艦隊はその後も1891年1892年に日本に訪問した。双方とも事前に日本政府の了解を得ており、1886年とはうってかわって両国の親善が表向きはアピールされるものとなった。1891年の訪問では北洋艦隊の随員が造船所や官公庁を訪問し、また旗艦定遠に日本の皇族や大臣、海軍軍人を招いて内部を公開した。定遠への招待は清国側が日本に対して度量を示すためとされたが、これはかえって定遠の艦内構造や北洋艦隊の士卒の練度の低さを日本海軍に暴露する結果となり、日清戦争時の黄海海戦において清国敗北の一因となった[6]

事件の影響[編集]

事件後、清は日本側に無礼を謝罪せず、むしろ圧倒的な海軍力を背景に高圧的な態度に出た。当時、清は定遠を始めとする最新式の戦艦を保有しており、日本海軍はこれに敵わないと考えられており、またこの事件の2年前に発生した甲申政変でも日本は清に敗退しており、当時の日清の力関係は清が優位に立っていた。

この事件は1884年(明治17年)の甲申政変と併せて日本国内の反清感情を大いに刺激し、後の日清戦争を引き起こす遠因の一つとなった。また、頭山満らにより結成された政治結社玄洋社が当初の民権論から国権論へと転向する契機ともなった。

補論:警察官の帯刀[編集]

岡崎久彦は、長崎事件の解決に際し清国は日本政府に対して、日本の警察官が今後帯刀することを禁ずべしという要求を突き付け、これを飲ませることに成功したとする[7]

『長崎県警察史』は異なる経緯を記す。1883年(明治16年)以降、それまで、警部以上が帯剣し、一般巡査は「手棒」を携帯していたのを改め、巡査全員が帯剣することになった。しかし、同年9月の清国人のアヘン吸引検挙事件をきっかけとして、翌々11月、外国人居留地を所管する警察署に限り、巡査の帯剣を廃して代わりに再び「官棒」を携帯するよう通達が出た。長崎・梅香崎・長崎水上の3警察署に巡査の帯剣が復活したのは、日清戦争開戦後の1894年(明治27年)8月であった。長崎事件の発生時、一般巡査は帯剣していなかった[8]。8月15日の夜、つぎのような場面が見られた。

急報に接した梅香崎警察署長小野木源次郎は、直ちに清国領事館に報告し、鎮撫方を要求すると同時に、巡査数名を現場に急行させたが、広馬場町四つ角で数百の水兵に包囲攻撃されて、殴打され、蹴られ、斬り付けられ悉く負傷した。清国領事館からも館員二名が駈けつけて制止したが効果はなかった。そこで吉田警部補は巡査をまとめて一旦本署に引揚げ、巡査一同に帯剣を許した。帯剣のことについては、先年外国水兵と警察官との間で言葉の行違いから争闘を引起こし、巡査が抜剣したことがあったので、外国側から抗議を受け、帯剣を廃して警棒を持たせていたのであった。

 

一般警察官の軽装備が、事件の発生と、早期鎮圧が叶わなかった要因となっていたことを窺わせる[9]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 馮青『中国海軍と近代日中関係』錦正社、2011年 24-25ページ
  2. ^ JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.B07090388600、帝国造船所二於テ外国船艦修理方請願雑件第3巻「清国軍艦長崎ニ来航修繕スル様李鴻章ヘ勧告ノ儀ニ付在天津領事ヨリ申出ノ件」(外務省外交史料館)。事件の翌年、1887年(明治20年)8月、波多賀承五郎天津領事井上馨外務大臣に問い合わせた「機密第六号」のなかにつぎの文言がある。「先年修繕ノ為メ長崎ニ軍艦ヲ発遣シタルニ不図モ意外ノ葛藤ヲ生シタルニ付再ヒ長崎ニ軍艦ヲ派スルコトハ支那官吏ノ決シテ為サザル所ニ有之」。
  3. ^ 伊藤博文文書 第34巻 秘書類纂 長崎港清艦水兵喧闘事件』所収、明治19年8月15日付・司法大臣山田顕義宛長崎控訴院検事長林誠一発「長崎事件第三報」(53~58頁)のうち、55頁に「携フ所ノ日本刀(此刀ハ古道具屋ヨリ買取所持シ居タルモノナラン)」とある。
  4. ^ 馮青25-26ページ
  5. ^ 馮青26ページ
  6. ^ 馮青28-33,42-43ページ
  7. ^ 岡崎久彦『明治の外交力 陸奥宗光の蹇蹇録に学ぶ』海竜社、2011年、17頁。
  8. ^ 長崎県警察史編集委員会編『長崎県警察史 上巻』長崎県警察本部、1976年、1058~1061頁。
  9. ^ 前掲『長崎県警察史 上巻』1375~1376頁。

参考文献[編集]

  • 馮青『中国海軍と近代日中関係』錦正社、2011年
  • 長崎県警察史編集委員会『長崎県警察史 上巻』長崎県警察本部、1976年
  • 伊藤博文文書 第34巻 秘書類纂 長崎港清艦水兵喧闘事件』伊藤博文文書研究会(監修)、檜山幸夫(総編集)、岩壁義光(編集・解題)、ゆまに書房2010年

関連文献[編集]

論文
書籍

関連項目[編集]

外部リンク[編集]