事大党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
事大党
各種表記
ハングル 사대당 / 수구파
漢字 事大黨 / 守舊派
発音 サテダン / スクパ
日本語読み: じだいとう / しゅきゅうは
ローマ字転写: Sadaedang / Sugupa
テンプレートを表示

事大党じだいとう: 사대당、サテダン)は李氏朝鮮末期の保守的な党派に対する、開化派からの呼称。別称守旧派1882年壬午事変から日清戦争に至るまで朝鮮の政界を10年間支配した。

1882年壬午事変で大院君を退けた閔氏一族を中心に形成され、日本と結んでからの自主独立政治の革新を主張する独立党(開化派)に対し、伝統を守って宗主国の清への臣属を主張し政権の維持を図った。閔一族が袁世凱邸に特使を度々派遣、その意見を諮詢したことから、事大党には袁が推薦した閔慶植、閔泳駿、閔泳換、趙秉式らが属した。 1884年甲申政変の後さらに清に接近し、優勢であったが、日清戦争に清が敗北し、乙未事変が起こるとともに衰え、多くは親露派に変わった。

関連項目[編集]