丁未七賊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
丁未七賊
各種表記
ハングル 정미칠적
漢字 丁未七賊
発音 チョンミチルチョク[1]
日本語読み: ていびしちぞく
テンプレートを表示

丁未七賊(ていびしちぞく)は、ハーグ密使事件(1907年、干支丁未)の後に、高宗の退位に関与した韓国(大韓帝国)の七人の閣僚のこと。

官職はいずれも当時のもの。

現代の韓国においては、チニルパ(親日派、売国奴)とされ、政治的な忌避の対象となっている。

出典[編集]

  1. ^ 『뉴에이스 국어사전』『칠적 (七賊) 』 DIOTEK 2012

関連項目[編集]