出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

(ひつ)とは、比較的大型の箱。英語のチェスト(chest)に相当する[1]

箱と櫃[編集]

和名類聚抄によれば「厨に似て上に向けて開闔する器」と定義されている[1]和漢三才図会では小型のものが箱で大型のものが櫃であるとする[2]エンサイクロペディア・ブリタニカオックスフォード英語辞典でもチェスト(chest)は大型のボックス(box)であるとしている[2]。日本語でも英語でも相対的に大きさで区別されるなど認識の共通性がみられる[3]

日本の櫃[編集]

「ひつ」は大和言葉であり、櫃をそう読むのは訓読みである。聖櫃(せいひつ)などは重箱読みである。櫃の音読みは「キ」である。

倭櫃[編集]

脚が付いていないものは倭櫃(やまとびつ)と呼ばれる。

唐櫃[編集]

倭櫃に対し、4本または6本の脚のついた櫃は唐櫃(からびつ、かろうど、かろうと)といい、宝物・衣服・文書・武具などの内容物を湿気から守るために用いられてきた。

も唐櫃と呼ぶ。ただし本来は「屍櫃」の意味である(屍をカラと呼ぶ現代語例として「なきがら」などがある)。このことから、墓石下の遺骨を納める空間(納骨棺)を、「かろうと」から「カロート」というようになった。

西洋のチェスト[編集]

西ヨーロッパでは螺旋階段を上がった階上や地下室など家の最も安全な場所に据え置かれた[4]

チェスト(櫃)を所有することは自由人のみに許された特権とされ財産を表象する象徴的な家具とされた[5]。11世紀末から12世紀初頭の西ノルウェーでは成文律で奴隷を解放する際には教会に赴くかチェストの上に座らせて宣誓させる方法がとられた[5]

中世西ヨーロッパでは結婚により他の領地に出ていく者は自らの領主に税を支払い許可を取る必要があり家具類も一つずつ課税されることがあった[6]。特にチェストについてはノルマンディー地方などではサイズに応じて課税された[6]

主な櫃の種類[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 宮内悊 『ものと人間の文化史 箱』 法政大学出版局、1991年、1頁。
  2. ^ a b 宮内悊 『ものと人間の文化史 箱』 法政大学出版局、1991年、5頁。
  3. ^ 宮内悊 『ものと人間の文化史 箱』 法政大学出版局、1991年、4頁。
  4. ^ 宮内悊 『ものと人間の文化史 箱』 法政大学出版局、1991年、95頁。
  5. ^ a b 宮内悊 『ものと人間の文化史 箱』 法政大学出版局、1991年、96頁。
  6. ^ a b 宮内悊 『ものと人間の文化史 箱』 法政大学出版局、1991年、97頁。