飯櫃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
白木の飯櫃

飯櫃(めしびつ)は、炊き上がったを釜から移し入れて置く為の器である。おひつおはちなどともいう。

多くは製で、白木(サワラ材)や漆器のものがある。蓋の形状によって、「つめびつ」「のせびつ(関西櫃、地櫃)」「かぶせびつ(江戸櫃)」がある。

新しいものは、木肌が慣れない為、木の香が飯に移ることがある。木の香を抜くには、熱湯を満たしてその中に少量のを加えるということを数回繰り返せばよい。

現今では保温機能などに特化したジャーに取って代わられつつある。

でできた、おひつ入れという物もある[1]。保温性と通気性に優れる。

出典[編集]

関連項目[編集]