螺旋階段

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
螺旋階段の一例
トルン市モストヴァ通りポーランド語版6の親柱付螺旋階段(英語: newel stair, spiral stair with spindel, ドイツ語: Spindeltreppe

螺旋階段(らせんかいだん, 英語: spiral staircase, helix staircase, spiral and helical stairs)は、円形の壁沿い設置された階段、もしくはを中心に配した構造の階段の総称。小さなスペースにも設置できることから非常階段によく用いられる[1]

分類[編集]

回り階段[編集]

螺旋階段を含み、回り込む部分がある階段を「回り階段」という[2]。一般に階段の踏面(ふみづら)の寸法は建築基準法施行令第23条により規定されるが、回り階段においては、この寸法を踏面の狭い方の端から30cmの位置において測る[3]

無柱螺旋階段[編集]

心柱や支柱、周囲の壁による支持を伴わない螺旋階段も世界には点在する[4]。ニューメキシコ州サンタフェロレットチャペル英語版[5]やパリのルーブル美術館が築例として挙げられる[6]

著名な螺旋階段[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 三土たつお 2020, pp. 74.
  2. ^ 主婦の友社 2017, pp. 456.
  3. ^ 小山和則 & 清水一都 2022, pp. 172.
  4. ^ 黒い雑学研究会 2021, pp. 48.
  5. ^ 自治体国際化協会 2007, pp. 2.
  6. ^ キリン 2020, pp. 39.
  7. ^ 『世界の美しい階段』エクスナレッジ、2015年、200頁。ISBN 978-4-7678-2042-2 
  8. ^ 「五重塔のはなし」編集委員会 2010, pp. 158.
  9. ^ 大洋図書 2019, p. 167.

関連項目[編集]

参考文献[編集]