重箱読み

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
四角の重箱

重箱読み(じゅうばこよみ)は、日本語における熟語の変則的な読み方の一つ。語の上の字をとして、下の字をとして読む「重箱」(ジュウばこ)のような熟語の読みの総称である[1]。原則として規範的な読み方ではないとされるが、現代の日本語においては、和語漢語が結合した混種語も日常語として深く浸透しており、慣用になっているものも少なくない。

これに対して、上の字が訓、下の字が音とする読み方を湯桶読みという。[2]

概説[編集]

後半が濁音化する例が多く見られる。

なお、重箱とは、何段かを積み重ねられるようにした食物を入れる箱であり、お節料理行楽によく使われている。

重箱読みの例[編集]


以下は漢字の選ばれ方に語義との脈絡が乏しく、当て字の性格が強いもの。当て字の結果たまたま重箱読みに見える形になった例である。考察するにあたって日本語の語生成を論じる必要がなく、単に「当て字の当て方」を論ずればこと足りるという点で、典型的な重箱読みとはやや異質なものである。[要出典]

以下は固有名詞の例。一般に固有名詞における漢字の読み方は非常に多様で、分類も困難であり、通常はこれらを重箱読みとは呼ばない。[要出典]

  • 新橋(シンばし)
  • 山谷(サンや) - 谷(や)の読みは常用漢字表外。


脚注[編集]

  1. ^ a b 「重箱読み」- 広辞苑第六版
  2. ^ 「湯桶読み」- 広辞苑第六版

関連項目[編集]