重箱読み

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
四角の重箱
蕎麦湯の入った湯桶

重箱読み(じゅうばこよみ)は、日本語における熟語の変則的な読み方の一つ。語の上の字をとして、下の字をとして読む「重箱」(ジュウばこ)のような熟語の読みの総称である[1]。原則として規範的な読み方ではないとされるが、現代の日本語においては、和語漢語が結合した混種語も日常語として深く浸透しており、慣用になっているものも少なくない。

これに対して、上の字が訓、下の字が音とする読み方を湯桶読みという[2]

概説[編集]

後半が濁音化する例が多く見られる。

なお、重箱とは、何段か積み重ねられた食物を入れる箱であり、お節料理行楽によく使われている。

重箱読みの例[編集]

  • 重箱(ジュウばこ)[1]
  • 音読み(オンよみ)
  • 額縁(ガクぶち)
  • 客間(キャクま)
  • 経木(キョウぎ)
  • 金玉(キンたま)
  • 金星(キンぼし)
  • 香醋(コウず)
  • 工場(コウば)
  • 残高(ザンだか)
  • 桟橋(サンばし)
  • 新顔(シンがお)
  • 雑木(ゾウき)
  • 総花(ソウばな)
  • 台所(ダイどころ)
  • 大横綱(ダイよこづな。「おおよこづな」とも読む)
  • 反物(タンもの)
  • 団子(ダンご)
  • 蝶番(チョウつがい。「チョウバン」という読みもある)
  • 賃上げ(チンあげ)
  • 頭突き(ヅつき)
  • 等幅フォント(トウはば - )
  • 豚汁(トンじる)
  • 番組(バンぐみ)
  • 本棚(ホンだな)
  • 本屋(ホンや)
  • 役場(ヤクば)
  • 路肩(ロかた)


以下は漢字の選ばれ方に語義との脈絡が乏しく、当て字の性格が強いもの。当て字の結果たまたま重箱読みに見える形になった例である。考察するにあたって日本語の語生成を論じる必要がなく、単に「当て字の当て方」を論ずればこと足りるという点で、典型的な重箱読みとはやや異質なものである。[要出典]

以下は固有名詞の例。 一般に固有名詞における漢字の読み方は非常に多様で、分類も困難であり、通常はこれらを重箱読みとは呼ばない。[要出典]

  • 新橋(シンばし)
  • 山谷(サンや) - 「や」を「谷」の事実上の音読みと扱い、音読熟語とみなすこともある。常用漢字表では「谷」に「や・ヤ」の訓を掲げていない。

脚注[編集]

  1. ^ a b 「重箱読み」- 広辞苑第六版
  2. ^ 「湯桶読み」- 広辞苑第六版

関連項目[編集]