百姓読み

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

百姓読み(ひゃくしょうよみ)は、漢字が結合した熟語の誤読であり、形声文字音符の部分)につられた読み方をすること。

概要[編集]

音や訓の慣習によらず我流の読み方をすることとして、僅かに大正時代に資料掲載があり、近年では誤読として扱われている。田舎者、また、情緒を解さない者をののしっていう語としての「百姓[1]から、漢字の読み方を知らない教養のない者が読んでしまうことによる。例えば「鍼」の読みは「しん」だが、これを「感」から「かん」、「減」から「げん」などと読んでしまうこと。

百姓読みの例[編集]

例語 本来の読み 百姓読み 解説
洗滌 せんでき せんじょう 百姓読みが誤りと意識されている例。
矛盾 むじゅん ほことん 大正時代の百姓読み例。
絢爛 けんらん じゅんらん 大正時代の百姓読み例。
口腔 こうこう[2] こうくう 百姓読みが誤りと意識されている例。
ただし、医学界では「口孔」と区別するために「こうくう」の読みを採用している。
矜持 きょうじ きんじ 百姓読みが誤りと意識されている例。
輸贏 しゅえい ゆえい 本来の読みと百姓読みが両立している例。
ただし、「運輸」「輸送」などでは「うんゆ」「ゆそう」の読みが一般化。
障碍 しょうげ しょうがい 明治以降「しょうがい」が一般化。
消耗 しょうこう しょうもう 百姓読みが慣用音として一般化した例[3]
ただし、「心神耗弱」は「しんしんこうじゃく」。
円匙 えんし えんぴ 百姓読みが専門用語として定着した例。

引用[編集]

  1. ^ 精選版「日本国語大辞典」語義4
  2. ^ [1] 公用文改善の趣旨徹底について 内閣閣甲第16号(1952年4月4日) p.3 口腔→口こう
  3. ^ [2] 常用漢字表(2010年11月30日内閣告示)本表「モ-ヤ」のページ 「耗」の欄

関連項目[編集]

外部リンク[編集]