湯桶読み

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
蕎麦湯の入った湯桶
四角の重箱

湯桶読み(ゆとうよみ)は、日本語における熟語の変則的な読み方の一つ。漢字2字の熟語の上の字をとして、下の字をとして読む「湯桶」(ゆトウ)のような熟語の読みの総称である[1]。原則として規範的な読み方ではないとされるが、現代の日本語においては、漢語和語が結合した混種語も日常語として深く浸透しており、慣用になっているものも少なくない。

これに対して、上の字が音読みで下の字が訓読みのものを重箱読みという[2]

概説[編集]

例えば、朝晩(あさバン)、雨具(あまグ)、などがある。意外なところでは豚肉(ぶたニク)、鳥肉(とりニク)などが挙げられる。これらの語は、純然たる漢語ではなく、和語漢語との混種語なので、読み方もそうなるのは当然といえる。和語の部分を漢字で表記したにすぎない。

これまでに発見されている最古の湯桶読みは、『万葉集』から間接的に読み取ることができる「手師(てシ)」(習字の先生の意)だと言われている[3]

なお、湯桶とは、湯や酒を注ぐための容器のことである。現代日本では懐石料理蕎麦屋くらいでしか使われないが、近代以前には一般的なものであった。

湯桶読みの例[編集]

該当項目内に関連記述があるものは、cf. にて特記する。

  • 朝晩(あさバン)
  • 青姦(あおカン)
  • 雨具(あまグ)
  • 甘食(あまショク)
  • 粗熱(あらネツ)
  • 粗利(あらリ)
  • 薄化粧(うすゲショウ)
  • 大騒動(おおソウドウ)
  • 大舞台(おおブタイ)
  • 遅番(おそバン)
  • 親機、子機(おやキ、こキ)
  • 返り点(かえりテン)
  • 株券(かぶケン)
  • 雷竜(かみなりリュウ) cf. アパトサウルス#漢訳名
  • 切土(きりド)、盛土(もりド)
  • 小兵(こヒョウ)
  • 白菊(しらギク)
  • 敷金(しきキン)
  • 高台(たかダイ)
  • 薪能(たきぎノウ)
  • 血肉(ちニク)
  • 手数(てスウ)
  • 手帳(てチョウ)
  • 手榴弾(てリュウダン) cf. 関連記述あり。
  • 手料理(てリョウリ)
  • 鶏肉(とりニク)
  • 野宿(のジュク)
  • 豚肉(ぶたニク)
  • 太字(ふとジ)、細字(ほそジ)
  • 冬景色(ふゆゲシキ)、冬化粧(ふゆゲショウ)
  • 見本(みホン)
  • 目線(めセン)
  • 闇市場(やみシジョウ)
  • 雪景色(ゆきゲシキ)、雪化粧(ゆきゲショウ)
  • 湯茶(ゆチャ)
  • 夕刊(ゆうカン)

また本来は音読みをする単語であるが、同じ分野で用いる同音異義語や似た音の言葉が存在するため、あえて慣用で湯桶読みを行う事例もある。以下が代表例である。

  • 買春(かいシュン)[4]……売春(バイシュン)と識別。
  • 引数(ひきスウ)[5]……因数(インスウ)と識別。
  • 市立(いちリツ)[6]私立(わたくしリツ)[7]
  • 化学(ばけガグ)[8]……科学(カガク)と識別。
  • 首長(くびチョウ)[9]……市長(シチョウ)、首相(シュショウ)、主張(シュチョウ)などと識別。

以下は当て字であることがはっきりしているものや、漢字の選ばれ方に語義との脈絡が乏しく、当て字の性格が強いものの例。当て字の結果たまたま湯桶読みに見える形になったケースである。考察にあたって日本語の語生成を論じる必要がなく、単に「当て字の当て方」を論ずればこと足りるという点で、典型的な湯桶読みとは異質である。[要出典]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「湯桶読み」- 広辞苑第六版
  2. ^ 「重箱読み」- 広辞苑第六版
  3. ^ 『お言葉ですが… 4 広辞苑の神話』 文藝春秋〈文春文庫〉
  4. ^ 日本語なんでも相談室
  5. ^ 「引数」 - コトバンク
  6. ^ 「市立」 - コトバンク
  7. ^ 「私立」 - コトバンク
  8. ^ 「化学」 - コトバンク
  9. ^ 「首長」 - コトバンク
  10. ^ 「時計」 - 語源由来辞典

関連項目[編集]

参考文献[編集]

『お言葉ですが… 4 猿も休暇の巻』 2000年3月1日、ISBN 978-4-1635-6000-7 の改題文庫化。