八重山方言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
八重山語
八重山方言
スマムニ/ヤイマムニ(八重山物言)
話される国 日本
地域 八重山列島
話者数 47,600 (2000年)[1]
言語系統
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 rys
消滅危険度評価
Severely endangered (UNESCO)
Status-unesco-severely.svg
テンプレートを表示

八重山方言(やえやまほうげん)または八重山語(やえやまご)、八重山諸方言(やえやましょほうげん)は、琉球語(琉球諸語、琉球方言)の内、八重山列島石垣島竹富島小浜島黒島新城島波照間島西表島鳩間島で話されている方言言語)の総称である。約44,650人の話者がいる。現地ではスマムニ[2]ヤイマムニと呼ばれる。

八重山または国際機関において独自の「言語」として扱われることがある一方、日本の学説の多くは日本語もしくは琉球語の「方言」として扱う。八重山においても沖縄県の他の地域と同様に方言のウチナーヤマトグチ化が著しく、2009年2月にユネスコにより消滅危機言語の「重大な危険」(severely endangered)と分類された[3][4][5]

区分[編集]

島ごとに次のように区分される。これらの間の方言差は著しく、お互いに通じにくい[6]

八重山諸島の与那国島の方言は八重山方言に属さず、与那国方言とされる。

音韻[編集]

音韻体系[編集]

八重山方言を代表して、石垣島中心部の石垣方言の音素を示す[9]

  • 母音音素 /i, ï, e, a, o, u/
  • 半母音音素 /j, w/
  • 子音音素 /h, k, g, t, d, c, s, z, r, n, p, b, m/
  • 拍音素 /Q, N/

石垣島・竹富島・小浜島・新城島・西表島古見では/i、ï、u、e、o、a/の6母音体系を持つ。波照間島・石垣島白保ではこれらに/ë/の加わった7母音体系を持ち、鳩間島・黒島・西表島租納などでは/ï/が/i/に統合して5母音体系となっている[10][11](以下、iと区別するために、ïは赤字で示す)。このうち中舌母音/ï/は、[sï]または[zï]のように摩擦音を伴って発音される。/e/、/o/は母音が融合してできたもので、ほとんど長母音として出現する。ただし波照間島や石垣島白保では、[sïno](角)、[jogosuɴ](休む)のように、短母音e、oが現れる[12]

八重山方言では一般に連母音は融合しないが、特定の語、特定の方言によっては融合する。(例)[mai](米・石垣方言など)、[sau](竿・鳩間方言など)、[meː](前・波照間方言)、[soː](竿・石垣方言など)[13]

無声子音に挟まれた狭母音が無声化する現象は琉球語・日本語一般に共通するが、波照間島・小浜島・西表島などではこれら以外の条件でも母音の無声化が著しい。広母音の無声化や、無声子音とm、nに挟まれた母音の無声化現象が起こる。

八重山方言では、北琉球方言や与那国方言にあるような有気音と無気喉頭化音の対立はない。また、声門破裂音ʔも、音声的には出現することはあっても弁別的特徴ではない。

黒島では唇歯音のf・vが存在する。鳩間島ではfはあるがvはない[14]。また西表島租納や竹富島には鼻母音が現れる[15]

石垣方言の拍体系[16]
  /i/ /ï/ /e/ /a/ /o/ /u/ /ja/ /jo/ /ju/ /wa/ /wo/
/Ø/ /i/
[i]
[ʔi]
/ï/
[ï]
/e/
[e]
/a/
[a]
[ʔa]
/o/
[o]
[ʔo]
/u/
[u]
[ʔu]
/ja/
[ja]
/jo/
[jo]
/ju/
[ju]
/wa/
[wa]
 
/h/ /hi/
[çi]
    /ha/
[ha]
/ho/
[ho]
/hu/
[ɸu]
      /hwa/
[ɸa]
/hwo/
[ɸo]
/k/ /ki/
[ki]
/kï/
[kï]
/ke/
[ke]
/ka/
[ka]
/ko/
[ko]
/ku/
[ku]
/kja/
[kja]
/kjo/
[kjo]
/kju/
[kju]
/kwa/
[kwa]
 
/g/ /gi/
[gi]
/gï/
[gï]
/ge/
[ge]
/ga/
[ga]
/go/
[go]
/gu/
[gu]
/gja/
[gja]
       
/t/ /ti/
[ti]
  /te/
[te]
/ta/
[ta]
/to/
[to]
/tu/
[tu]
         
/d/ /di/
[di]
  /de/
[de]
/da/
[da]
/do/
[do]
/du/
[du]
         
/c/ /ci/
[tʃi]
/cï/
[tsï]
  /ca/
[tsa]
/cu/
[tsu]
/cja/
[tʃa]
/cjo/
[tʃo]
/cju/
[tʃu]
   
/s/ /si/
[ʃi]
/sï/
[sï]
/sa/
[sa]
/so/
[so]
/su/
[su]
/sja/
[ʃa]
/sjo/
[ʃo]
/sju/
[ʃu]
   
/z/ /zi/
[dʒi]
/zï/
[dzï]
  /za/
[dza]
/zo/
[dzo]
/zu/
[dzu]
/zja/
[dʒa]
/zjo/
[dʒo]
/zju/
[dʒu]
   
/r/ /ri/
[ɾa]
/rï/
[rï]
/re/
[ɾe]
/ra/
[ɾa]
/ro/
[ɾo]
/ru/
[ɾu]
/rja/
[ɾja]
     
/n/ /ni/
[ni]
  /ne/
[ne]
/na/
[na]
/no/
[no]
/nu/
[nu]
/nja/
[ɲa]
       
/p/ /pi/
[pi]
/pï/
[pï]
/pe/
[pe]
/pa/
[pa]
/pu/
[pu]
/pja/
[pja]
/pjo/
[pjo]
     
/b/ /bi/
[bi]
/bï/
[bï]
/be/
[be]
/ba/
[ba]
/bo/
[bo]
/bu/
[bu]
/bja/
[bja]
  /bju/
[bju]
   
/m/ /mi/
[mi]
/mï/
[mï]
/me/
[me]
/ma/
[ma]
/mo/
[mo]
/mu/
[mu]
/mja/
[mja]
       
拍音素 /N/ [n, ŋ, m, ɴ] /Q/ [p, t, k]

日本語との対応[編集]

母音の対応関係
日本語
石垣島、小浜島、新城島、波照間島、(竹富島) /a/ /ï/ /u/ /i/ /u/
西表島租納、鳩間島、黒島 /a/ /i/ /u/ /i/ /u/

八重山方言の大部分では、日本語のeがiに変化した一方、日本語のiは中舌母音ïに変化しており、エ段とイ段の区別を保っている。しかし、ïは次第に衰退していく方向にあり、西表島租納や鳩間島、黒島ではïがiに統合している。竹富島でも、ïはs、c、zの後にしか現れず、それ以外の拍ではiに統合している[17]

カ行では、日本語のキは、石垣方言ではkïだが、竹富島や波照間島などでは/sï/または/si/が対応する。(例)[ʃinuː](昨日)[18]。日本語のクは、/hu/となる。(例)[ɸutʃirï](薬)[19]。また、語中のカ行子音は、[ʔagairu](赤色)[20]のように濁音化する傾向があり、隣の与那国方言ではこれが規則的である。

タ行では、tがsに変化している例が多く認められる。(例)[pusu](人・鳩間方言)、[ʃiː](手・波照間方言)、[ʃiː](血・黒島方言、鳩間方言)、[sïkeɴ](月・波照間方言)[21]またタ行およびサ行では、日本語のウ段はイ段へ統合しており、チとツ、シとスの区別はなくなっている。

日本語の語頭のハ行子音は、八重山方言全域でpとなる。日本語のハ行子音が古くはpだったとされ、それを残しているものとして有名である。ただし、ウ段のフは八重山方言では/hu/([ɸu]あるいは[fu])となる。宮古方言ではフはfuであり、八重山方言でも古くはfuだったと考えられている(pu→fu→ɸu)[22]。(例)[pana](花)、[pïː](火)、[ɸuni](舟)[23]

日本語のワ行子音は、八重山方言でbに対応する。南琉球方言全体に共通する現象で、ハ行転呼によるワ行音には対応しない。(例)[barauɴ](笑う)、[butu](夫)。

八重山方言では狭母音に続くラ行子音がsに対応している。(例)[kisuɴ](着る)、[ssuɴ](切る)[24]

文法[編集]

動詞[編集]

八重山方言の動詞活用は、地域による違いが大きい。ここでは代表地点の活用体系を示す。

石垣方言[編集]

以下に石垣島石垣市石垣の活用を示す。石垣方言の未然形には、nu(ない)、suN(せる)、sïmiruN(しめる)、riN(れる)、ba(たらば)などの接辞が付く。命令形1は比較的やわらかい調子の命令、命令形2は比較的強い調子の命令である。連用形にはpïsaːN(-したい)、hazimiruN(-しはじめる)などの接辞が付く。接続形には、te(て)のほかkiː(から、理由)、tta(た、過去)、uN(-している)などが付く[25]

石垣方言の動詞1のA類
  志向形 未然形 命令形1 命令形2 連用形 終止形1 終止形2 連体形 禁止形 条件形 接続形
書く /kaka/ /kaka/ /kaki/ /kakja/ /kakï/ /kaku/ /kakuN/ /kaku/ /kaku(na)/ /kaku(kaː)/ /kaki(te)/
押す /usa/ /usa/ /usi/ /usja/ /usï/ /usï/ /usïN/ /usï/ /usï(na)/ /usï(kaː)/ /usi(te)/
する /saː/ /saː/ /si/ /sjaː/ /sïː/ /sïː/ /sïN/ /sïː/ /sïː(na)/ /sïː(kaː)/ /siː(te)/
居る /ura/ /ura/ /uri/ /urja/ /urï/ /uN/
/uruN/
/uru/ /uru(na)/ /uru(kaː)/ /uri(te)/

iku(行く)、sïnu(死ぬ)、tubu(飛ぶ)、jumu(読む)、turu(取る)など、多くの動詞はkaku(書く)と同じ活用をする(いずれの語形も終止形1。以下同じ)。usï(押す)と同じ活用をするのは、kïsï(着る、切る)、tacï(立つ)などで、八重山方言では日本語のスがシに、ツがチに統合したことによりこのような体系となっている。

石垣方言の動詞1のB類
  志向形 未然形 命令形1 命令形2 連用形 終止形1 終止形2 連体形 禁止形 条件形 接続形
笑う /baːraː/ /baːraː/ /baːrai/ /baːraija/ /baːrai/ /baːroː/ /baːroːN/ /baːroː/ /baːroː(na)/ /baːroː(kaː)/ /baːrai(te)/
買う /kaː/ /kaː/ /kai/ /kaija/ /kai/ /kau/ /kauN/ /kau/ /kau(na)/ kau(kaː) kai(te)
食う /hwaː/ /hwaː/ /hoi/ /hoija/ /hoi/ /hoː/ /hoːN/ /hoː/ /hoː(na)/ /hoː(kaː)/ /hoi(te)/
思う /umoː/ /umoː/ /umui/ /umuija/ /umui/ /umoː/ /umoːN/ /umoː/ /umoː(na)/ /umoː(kaː) /umui(te)/
石垣方言の動詞2類
  志向形 未然形 命令形1 命令形2 連用形 終止形1 終止形2 連体形 禁止形 条件形 接続形
見る /mjuː/ /mjuː/ /miːri/ /miːrja/ /miː/   /miːN/ /miː/ /miː(na)/ /miː(ka)/ /mjaː(te)/
石垣方言の動詞3類
  志向形 未然形 命令形1 命令形2 連用形 終止形1 終止形2 連体形 禁止形 条件形 接続形
起きる /uku/
/ukira/
/uku/
/ukira/
/ukiri/ /ukirja/ /ukï/   /ukiN/
/ukiruN/
/ukï/
/ukiru/
/uki(na)/ /ukiQ(kaː)/ /ukeː(te)/
植える /ibu/
/ibira/
/ibu/
/ibira/
/ibiri/ /ibirja/ /ibï/   /ibiN/
/ibiruN/
/ibi/
/ibiru/
/ibi(na)/ /ibiː(kaː)/ /ibeː(te)/

utiN(落ちる)、ukiN(受ける)、idiN(出る)も、3類に属す。

「来る」は上記いずれとも異なる変則活用をする。

石垣方言の動詞活用体系を整理すると、基本語幹(甲)、基本語幹(乙)、連用語幹、接続語幹の4種類の語幹に、活用語尾が接続することになる。それぞれの語幹と活用語尾は以下の通り[25]。ただ、記述方法としてこのような各種語幹を立てない説もある。沖縄方言では、「書く」ならkakとkac、「読む」ならjum、jun、judと語幹が交替するため、連用語幹、音便語幹などを立てて記述するが、八重山方言ではこのような語幹交替は認められない[26]

石垣方言の活用体系
分類 語例 基本語幹(甲) 基本語幹(乙) 連用語幹 接続語幹
語幹 志向形 未然形 語幹 命令形1 命令形2 語幹 連用形 終止形1 終止形2 連体形 禁止形 条件形 語幹 接続形
1A類 書く kak a a kak i ja kak ï u uN u u u kak i
1B類 笑う baara a a baara i ija baara i           baara i
            baaro   o oN o o o    
2類 見る mju u u miir i ja mi i   iN i i i mi jaa
3類 落ちる ut u u utir i ja ut ï   iN ï i ut ee
utir a a       utir     uN u        

川平方言[編集]

石垣島川平方言の各種動詞のうち、代表して「書く」「笑う」「起きる」の活用を示す[25][27]。なお、以下は音素ではなく音声表記である。

川平方言
  志向形 未然形 条件形1 命令形 連用形 音便形
条件形2
終止形1 終止形2 連体形 接続形
書く kakaː kaka kaki(ba) kakiː kakï kakï kakï kakïn kakï kaki
笑う baːraː baːraː baːrai(ba) baːraiː baːroː
baːrai
baːroː baːrau baːroːn baːroː
baːrau
baːrai
起きる ɸukoː ɸuku
ɸukira
ɸukiri(ba) ɸukiriː ɸuki ɸuki ɸukiː ɸukirun ɸuki ɸuki

川平方言の各活用形のうち、志向形は勧誘を表す。未然形には、nu(ない)、sïn(せる)、sïmirun(しめる)、rirun(れる)、ba(ば、条件)などの接辞が付く。連用形には、tsan(-したい)、uːsïn(-できる)、taŋgaː(ばかり)などが付く。音便形(条件形2)には、ta(た、過去)、tara(たら)などが付く。連体形には、体言のほか、maːdi(まで)、biki(べき)、na(な、禁止)などが付く。接続形には、ʃiti(-して)、ki(から、理由)、du(ぞ)、un(-している)などが付く[25][27]

鳩間方言[編集]

鳩間島方言の「書く」「買う」「起きる」の活用を示す。鳩間方言では文語で二段活用をする動詞が派生・類推変化して、「書く」と同様の四段活用化した形(「起きる」段上段)と、ラ行四段活用化した形(「起きる」段下段)の、2種の活用形を持っている[28]

鳩間方言
  志向形 未然形 命令形 連用形 終止形 連体形 融合形1 融合形2
書く kaka kaka kaki kaki kakuN kaku kakee kakoo
買う kaa kaa kai kai kauN kau kaija kaioo
起きる uka
ukira
uka
ukira
uki
ukiri
uki ukuN
ukiruN
uku
ukiru
ukee ukoo

鳩間方言の志向形は、意志・勧誘を表す。未然形には、nu(ない)、ba(ば)、riN(れる)、suN(せる)が付く。連用形には、ti(て)、du(ぞ)、beː(n)(-おる)などが付く。連体形は、duの係り結びで使う他、体言、na(禁止)、ba(から)が付く。融合形1にはN(完了)、ti(ので)、ba(から)、taN(た)、naːnu(ない)などが付く。融合形2にはruN(れる)が付く[28]

形容詞[編集]

八重山方言の形容詞は、元々の語幹に「さあり」が接続した形が変化したものである。

石垣方言[編集]

石垣市石垣の形容詞活用は、語幹末にsを含むものとʃを含むものの2種に分かれる。以下に示す[25]

石垣方言の形容詞活用
  未然形 連用形 条件形 終止形 連体形 接続形
高い takasaːra(ba) takasaː takasaːru(ba) takasan takasaːnu takasaːri(te)
こわい nuguriʃaːra(ba) nuguriʃaː nuguriʃaːru(ba) nuguriʃan nuguriʃaːnu nuguriʃaːri(te)

過去のdaは連用形に付く。このほか、takasanu(高くて)の形で理由を表す。

鳩間方言[編集]

鳩間方言の場合、形容詞は語幹末の音節構造によって語尾交替が起こる[29]

  • 語幹末がCVCV構造のとき(Cは子音、Vは母音を表す)
    • 最後のVがa→aːn(takaːn)
    • 最後のVがi→eːn(pirakeːn)
    • 最後のVがu→oːn(karoːn)
  • 語幹末がCVV構造のとき
    • 最後のVがi→ijan(sanijan)
    • 最後のVがu→uwan(suːwan)
鳩間方言の形容詞活用[29]
  未然形 連用形 終止形 連体形 条件形 過去形 接続形
高い takaa takaa takaan takaa takaa takaa takaa
軽い karoo karoo karoon karoo karoo karoo karoo
涼しい pirakee pirakee pirakeen pirakee pirakee pirakee pirakee
嬉しい sanija sanija sanijan sanija sanija sanija sanija
強い suːwa suːwa suːwan suːwa suːwa suːwa suːwa
安い jassa jassa jassan jassa jassa jassa jassa

未然形はba(ので、確定)が付く形、条件形はkaː(仮定)が付く形で、過去形にはta(過去)やtan(完了)が付く。接続形にはti(ので)などが付く[29]

文例[編集]

『琉球方言文法の研究』より、石垣方言での文例を示す。

  • dzïː ju kaka(字を書こう)
  • ukunu、ukiranu(起きない)
  • dzïː ju kaku na(字を書くな)
  • takasaːra ba kaː ru n(高かったら買えない)
  • anu jama takasaː neːru kaja(あの山は高くないだろうか)
  • andʒi takasaːru kaː kaː ru n(そんなに高かったら買えない)

他の方言群[編集]

Ryukyuan dialects map.png
北琉球方言
南琉球方言(先島方言群)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Yaeyama at Ethnologue (18th ed., 2015)
  2. ^ 島の子どもに文化伝えたい スマムニ民話集発刊 琉球新報、2016年7月16日
  3. ^ 消滅の危機にある方言・言語,文化庁
  4. ^ 八丈語? 世界2500言語、消滅危機 日本は8語対象、方言も独立言語 ユネスコ”. 朝日新聞 (2009年2月20日). 2014年3月29日閲覧。
  5. ^ 2009年2月19日発表。アイヌ語(15人)より話者数が多い
  6. ^ 大野晋柴田武編『岩波講座 日本語11方言』岩波書店、1977年、212-214頁。
  7. ^ 「島の言葉は島の心」 竹富 八重山毎日新聞、2014年9月11日
  8. ^ 20年ぶり方言大会復活 西表小中校学対に大勢の住民 八重山毎日新聞、2008年12月22日
  9. ^ 中本(1976)、210-213頁。
  10. ^ 飯豊ほか編(1984)10-15頁。
  11. ^ 飯豊ほか編(1984)301頁。
  12. ^ 飯豊ほか編(1984)302頁。
  13. ^ 飯豊ほか編(1984)304頁。
  14. ^ 中本(1976)235-237頁。
  15. ^ 中本(1976)233頁。
  16. ^ 中本(1976)211-213頁。
  17. ^ 中本(1976)、234頁。
  18. ^ 飯豊ほか編(1984)307頁。竹富島の例。
  19. ^ 飯豊ほか編(1984)、307頁。石垣方言の例。
  20. ^ 飯豊ほか編(1984)306頁。鳩間方言の例。
  21. ^ 飯豊ほか編(1984)、308頁。
  22. ^ 中本(1976)105-106頁。
  23. ^ 中本(1976)224頁。石垣方言の例。
  24. ^ 飯豊ほか編(1984)310頁。鳩間方言の例。
  25. ^ a b c d e 内間(1984)
  26. ^ 飯豊ほか編(1984)319頁。
  27. ^ a b 飯豊ほか編(1984)、319-323頁。
  28. ^ a b 飯豊ほか編(1984)323頁-325頁。
  29. ^ a b c 飯豊ほか編(1984)、330-332頁。

参考文献[編集]

  • 内間直仁(1984)『琉球方言文法の研究』笠間書院
  • 中本正智(1976)『琉球方言音韻の研究』法政大学出版局
  • 飯豊毅一・日野資純・佐藤亮一編(1984)『講座方言学 10 沖縄・奄美の方言』国書刊行会
    • 加治工真市(1984)「八重山方言概説」

関連項目[編集]