小国方言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小国方言(おぐにほうげん)は山形県小国町で話される日本語の方言北奥羽方言に属し、庄内方言と同じ括りにされることが多いが、地理的には離れており、むしろ荒川水系で通じている北越方言とのつながりが深いが、文法は隣接する置賜弁と共通する要素が多い。アクセントは北奥羽式アクセントである。

詳細は庄内方言置賜弁山形弁北越方言等を参照されたい。