因州弁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

因州弁(いんしゅうべん)は、鳥取県因幡地方で話されている日本語の方言である。鳥取弁(とっとりべん)とも言う。中国方言東山陰方言に属する。兵庫県北部の但馬地方のうち、鳥取県に近い新温泉町などでは、かなり似た方言が話される(但馬弁参照)。

鳥取県の方言は、東部の因州弁、中部の倉吉弁、西部の雲伯方言に分けられる。倉吉弁は伯耆国東部の方言で因州弁に近いが、いくつかの相違点がある。

発音[編集]

平安鎌倉時代の「アウ」連母音に由来する開音は、鳥取県全域を含む山陰一帯で「アー」に変化した[1]。そのため、推量や勧誘の表現で「行かあ」(行こう)、「~だらあ」(~だろう)などと言ったり、「買った」を山陽のような「買うた」ではなく「買った」や「買あた」と言う。

アクセントは中輪東京式であるが、因州弁の特徴として「一つ上がりアクセント」がある。「いな」「きも」のように、アクセントの上がり目が後ろに下がり、高く発音される音節が一拍のみになる。この特徴は倉吉弁にもみられる。

連母音の融合は、鳥取市ではほとんど起こらないが、八頭郡では「赤い」→「あけえ」、「大工」→「でえく」のようにaiがeeになり、岩美郡では「赤い」→「あきゃあ」、「大工」→「でゃあく」のようにaiがjaaになる(郡の範囲は平成の大合併前のもの)。また智頭町では、「黒い」→「くれえ」のようにoiがeeになる現象があるが、他地域ではほとんどない。

文法[編集]

因州弁は中国方言の一種であるが、断定の助動詞に「~だ」を用い、「~じゃ」を用いる山陽地方と異なる。この「~だ」は、山陰地方全体に共通する。ただし、岡山県に近い智頭町若桜町では「~じゃ」も用いる[2]。ワ行五段動詞連用形音便は「思った」のような促音便であり、ウ音便は鳥取県下では智頭町のみで用いられる[3]。理由・原因の「~(だ)から」には「~(だ)けー」を使い、進行「~ょーる」と完了・結果「~とる」を使い分けるのは山陽地方の方言と共通する。

表現・語彙[編集]

因州弁 標準語 使用例 備考
あっとろし ああ恐ろしい、ああびっくりした 富山弁では「おっとろし」や「あいおっとろし(なんて恐ろしい)」が用いられる。
えらい つかれた(苦しい) 今日は暑いけぇえらいっちゃ(今日は暑いから疲れるよ) 後述の「しんどい」より優勢的に用いられる
おおきに ありがとう
おせ 大人、年寄り
おる いる
ぐすい ゆるい ボルトがぐすくてはまらん(ボルトがゆるくてはまらない)頭がぐすい(頭がわるい) よくない状態のときにつかう
さあ そう さあいな(そうだね) 同意を示す際に使う。標準語の、よくわからないことを意味する「さあ」とは、イントネーションおよび後に続く語で区別する。
じるい (地面が)ぬかるんでいる
しんどい つかれた(つらい)
しわい かたい、手ごわい 肉がしわい(肉が硬い)しわい問題(手ごわい問題)
せる あわてる、いそぐ、(時間が)進む 何をせっとるだ(どうしてあわてているの?)時計がせっとる(時計が((実際の時間よりも))進んでいる)
たいぎー めんどくさい
たばこ 休憩 たばこしんさい(休憩しなさい) たばこするとはあまり言わない
だまっとれ 黙りなさい
だらず あほ 「あほう」「たわけ」「ばか」とともに使用
足りない(=足らず)が語源
つかんさい どうぞ~してください 相手にすすめるときに使う。
てわやく 手先でコソコソ遊ぶこと てわやくやめんさい
とろける 片付ける
なんぼ いくつ(個数、年齢)、いくら(値段
ばんなりまして こんばんは
ほんに 本当に 関西などで使われる「ホンマに」と同じ意味
めぐ 壊す ガ行五段活用の動詞
やる あげる
ようけ たくさん
よう+動詞の否定形 ~できない よう言わん(わ)、よう行かん(わ)、ようせん(わ)
わったい! なんてことだ! -
 ~だっちゅーの ~なんだよ -
~っちゃ いやだっちゃ(いやだ!) 語尾に付けて強意として使われるが、ただ単に語尾表現として使われている。
~だけぇー ~だから 他に、~やけぇー、~じゃけぇー、~だけぇなー
~だがな ~でしょ 自分の番だがな(自分の番ですよ)
~たがな ~でしょ 言ったがな(言ったでしょ)
~がな ~ですよ 知らんがな(知りませんよ)
~げ ~っぽい、~そう 綺麗げ(綺麗そう) 方言?
~ごせぇ ~ください それごせぇ(それをください) してごせぇ(してください) 何かを頼むときに使われる。最近ではあまり使用されなくなってきているが、お年寄りを中心に東中部で使われている。
~なー ~ですね たいぎーなー(めんどくさいですね)
~なった ~された ~しとんなったで(~しておられたよ) 尊敬語として使われる
~ぞなぁー ~だよねぇ 広いぞなぁー(広いよねぇ)
~んさい ~しなさい はようしんさい(早くしなさい)、やりんさい(やりなさい)
~がいや ~でしょ 見たがいや(見たでしょ)
~かいや ~なさいよ はよせんかいや(早くしなさいよ)
~せいや ~しなさい ちゃんとせいや(しっかりしなさい)
~しようや ~しようよ 野球しようや(野球しようよ)
~だで ~だよ そうだで(そうだよ) 「いこうや」「しようや」が「いこうで」「やろうで」に置き換えられる
~だいや ~んだい 何言っとっだいや(何を言っているんだい)
~から ~で・・・が 今日はどっから集会があるだ?(今日はどこで集会があるの?)
ドンドロケ カミナリ すぐ近くにドンドロケが落ちた!
~ワイ(ヤ) ~わ! 知らんワイ(ヤ)! やかましいワイ(ヤ)! 強く否定するときに使う
~へん、せん ~ない そんなことすりゃーヘン(セン)! (そんなことしません) 関西弁のヘンと同じ
~んさった。なった。 ~された ~しとんさったで(~しておられたよ) 尊敬語として使われる
ワリャ(ワ) お前 ワリャ何しとるだいや!(お前は何をしてるんだ!) 男言葉で目下に対して使う 関西のワレと同じ
げぇ(家ぇ) ~の家 おめぇげぇーの(おまえの家の)

因州弁に関連した人物・作品など[編集]

  • 平林都(マナースクール経営者)……八頭郡若桜町出身。会話の中に因州弁のイントネーションがしばしば散見される。
  • 47都道府犬 - 声優バラエティー SAY!YOU!SAY!ME!内で放映された短編アニメ。郷土の名産をモチーフにした犬たちが登場する。鳥取県は、鳥取砂丘がモチーフの鳥取犬として登場し、『いいですだぁけぇ。』など話す。声優は、鳥取県出身の下田麻美が担当している。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『講座方言学 8 中国・四国地方の方言』19頁
  2. ^ 『講座方言学 8 中国・四国地方の方言』、室山敏昭「鳥取県の方言」の「助動詞」
  3. ^ 『日本のことばシリーズ31鳥取県のことば』19頁

関連項目[編集]