幡多弁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

幡多弁(はたべん)とは、高知県西部の幡多地域(幡多郡四万十市土佐清水市宿毛市四万十町大正町・旧十和村)で話されている日本語の方言である。四国方言の一種。愛媛県南部の方言とともに四国西南部方言とも呼ばれる。

特徴[編集]

基本的には、同じ高知県の中部・東部で話されている土佐弁に似た特徴を持つが、幡多弁と土佐弁で異なる点も少なくない。京阪式アクセントやその変種が主流の四国地方において、愛媛県南西部と同じく東京式アクセントである点も特徴的である。

幡多弁と土佐弁の違い
幡多弁 土佐弁
アクセント 内輪東京式アクセント 京阪式アクセント
理由を表す接続助詞 けん きい、きん、け
現在進行 しよる、しよう しゆう
現在完了 しちょる、しちょう しちゅう

関連項目[編集]

幡多弁に関連した人物・作品など[編集]

外部リンク[編集]